仕事探しの情報収集

2014/06/14 07:38:14 | 仕事探しの情報収集
職業、仕事に就いたときの自分の立場が、次に、求めているものと同じか確認しよう。正社員なのか、立場とは、パートやアルバイトなのか、または、派遣と言う選択もあると思われる。契約社員と言う立場もある。又、言葉がいろいろ使われており、なかには、正社員だけでなく、準社員や嘱託社員等と言われる場合もある。求人募集広告を出している企業に電話をする等して子細を聞いたほうが良いだろう。その実情がわからない場合は、「雇用契約」と言う呼び名ではなく、ここで気をつけた方が良いとおもうことですが、求人募集広告に「請負契約」と言う名目で書かれていたり、「業務委託契約」と書かれていたりしないかチェックすることだ。なぜ気をつ...
2014/05/30 07:23:30 | 仕事探しの情報収集
待遇や給与面についても、又、確認だけはしておくと良いだろう。求人募集広告に記載された時給で、時給で払われる場合は、もちろん、大丈夫だろうが、気になる方は確かめておきましょう。時間や労力に関係なく、又、猛烈に高い報酬が設定されている場合はちょっと気をつけたほうが良いかもしれませんね。通例では考えられないくらいの高い報酬が記載されている場合、求人募集広告に、業務内容を確認しておいたほうが良さようだ。危ない職業、仕事をしている場合だったり、何か、ノルマが高く設定されていたり、労働要素が過酷であったりします。それ相応の理由があるだろうからね。高い報酬を払う、高い報酬だけを見て応募するのは避けたほうが良...
2014/05/29 07:22:29 | 仕事探しの情報収集
神経質にきくと、残業について、それだけで、不採用となってしまう原因にもなると言うことだ。やはり残業くらい通例にしてくれる人を採用したいですからね。会社側は、求人募集広告を載せる側になったとしたら、あなたが、その考えも否定出来ませんよね。「残業しても構わない」と言う人、「定時で必ず帰りたい!」と言う人と、どちらを採用したいかと言えば、誰でも後者ではないだろうか?そうなると、さらっと何気なく質問しないと、自分の状況が悪くなってしまうかもしれません。「求人募集広告に残業のことは何もかかれていませんが、例えば、みなさんは普段、残業をしていらっしゃるのですか?」と言うような質問の仕方は如何だろうか。他の...
2014/05/28 07:21:28 | 仕事探しの情報収集
サービス残業となると、ですが、それだったらやらないで家に帰りたいと誰もがおもうわけだ。時間的に余裕のある方は、又、残業があっても苦にならないかもしれませんよね。学生さんやフリーターで、ですが、アルバイトとして勤務した場合、他にアルバイトを兼業している場合もあるだろう。時間的に余裕がなく、又、残業が出来ない場合もあるだろう。職業、仕事を開始してから、それが、残業が当たり前のようにおこなわれている会社だった場合、困った立場になりる。会社にいづらくなる場合もあるのだ。残業出来ないことで、自分だけ出来なくて、みんなが通例に残業をしているところを、帰宅してしまうのは、人間関係もまずくなりがちだ。パートを...
2014/05/17 11:47:17 | 仕事探しの情報収集
この世の中、予想外にリストラにあってしまった人も多い、求人募集広告を一生懸命に見ている人もいらっしゃるでしょうね特に身内がいる人は、独身の人より大変だと思われる。自分だけでなく身内の暮らしも両肩にずっしりと乗っているのですからね。本当に多様な職種の募集がある。職業、仕事を探して求人募集広告を見ていると、次の職探しに焦っている人は、リストラされ、「職業、仕事の内容は何でも構わないから、とにかく就職したい!」と思っている人も多いだろう。新たに挑戦しようとする精神は猛烈に立派だと思われる。自分が今までやったことのない職種にも、「職業、仕事の内容はなんでもいい!」と言うのは、ですが、ちょっと待って欲し...