年齢制限が消えた訳

2014/05/25 07:18:25 | 年齢制限が消えた訳
例外的に年齢制限を掲載することが認められている場合もある。又、合理的な理由からだ。これは、会社で決められている定年が60歳だとすると、例えば、その求人には「60歳未満」と年齢制限を掲載している。60歳以上の人が採用試験に来てしまうからだ。そうでなければ、演劇等の子役募集で「10歳以下」と年齢制限をしている場合もありますが、又、これらは例外となっている。ある程度、子役ですから、年齢が低くないとダメですからね。こうした場合は例外と言えます。厚生労働省が、ところで、法改正、直前の4月に、ハローワークの求人で「年齢不問」とされている求人募集広告がどれくらいあるか調べたようだ。年齢不問としている求人が半...
2014/05/17 11:47:17 | 年齢制限が消えた訳
最近は、求人募集広告を見ている方はおわかりになっただろうが、年齢制限が書かれていませんよね。「35歳まで」とか、以前は、「50歳くらいまで」とか、求人募集広告に制限が書かれていた。やってみたいとおもうパートはたいてい「35歳まで」と書かれていて、私が30代後半だったころ、どれも面接を受けるまで行かなかった記憶がある。2007年10月1日に施行された「改正雇用対策法」によって、これは、求人募集広告に年齢制限が掲載されることを、廃止したからだ。基本的に禁止しただけであり、ですが、実は求人募集広告には書かれていなくても、実際、面接した際に、年齢が原因で落とされることがある。年齢制限をかけている企業が...