TOEICの文法

TOEICの文法

英語を話すには文法を知っておかなければなりません。

 

つまり、コミュニケーション能力を決めるためには文法を基礎から理解しておく必要があるのです。

 

TOEICの試験もおんなじことです。

 

何やらわかっているつもりでも、短時間で解かなければならない試験では全く解けないということが多いのです。

 

文法はあまり難しくありませんが、繰り返し感じ取るようにしなければなりません。

 

TOEICの文法のレベルがどの程度なのかを分かることから始めるとよいでしょう。

 

インターネットなどでは模擬的診断テストが出来るサイトがあります。

 

その問題を開くことによって、文法が弱点かどうか押さえるのです。

 

それによって、学習やる教材を選択するとよいでしょう。

 

英語力が試されるシーンでは、文法のことを考えているようではダメ。

 

日本語で理解するのではなく、頭の中で無意識に起きることが大切なのです。

 

中学校のころから学校で英語を勉強している日本人だから、ある程度はわかっていると思いますが、TOEICを受けるとたいして点数が取れません。

 

その理由はわかりませんが、今まで規則正しい勉強法を通じていなかったのかもしれません。

 

英語が不得意という人ならば文法の基礎から覚えましょう。

 

TOEICが500点ぐらいになると、ある程度の基礎は理解していると考えられますから、しばし確実なものにしたいところです。

 

TOEIC700点になれば、基本はできています。

 

後は試験でスムーズに起きるようにすることです。

 

TOEICの試験はスピードが大切です。

 

短時間で多くの問題に解答しなければならないからです。

 

ゆるゆる感じ取ることはできないのです。

 

 

TOEICで700点

TOEICで700点を食べることをTOEIC700と表現することが多いようです。

 

ではTOEIC700とはどの程度の英語力なのでしょうか。

 

TOEICの評価では700あれば日常のコミュニケーションには支障がないレベルと考えられています。

 

これを聞いて勘違いしている日本人はたくさんいるようです。

 

企業などでもTOEICの評価を700としていることもあるのです。

 

海外勤務などに優先的に決めるケースもあるでしょう。

 

但し、現実に外国に行ったとしてTOEIC700でコミュニケーションが取り去れるのかと言うと残念ながら苦しいのです。

 

ネイティブの英語を聞き取るには700ではもの足りないのです。

 

さほど英語を話さない人はTOEIC700ということが、優位にはたらくようです。

 

社内での評価の対象にもなるかも知れません。

 

せめて低い方向には働かないでしょう。

 

国内で仕事をするか英語圏で仕事をするかによって、TOEICの評価は大きく変わってくるのです。

 

日常生活で英語を使うことがないのであれば、根っから英語力を必要としていないのです。

 

TOEICが何点でも関係ないですよね。

 

TOEICによる英語力をアップさせるということではなく、自己啓発としてTOEICを考えている人もいるでしょう。

 

そのためには700は好評価を味わうことができます。

 

余程勉強せずにTOEIC700はできないからです。

 

英語を話すことが出来ることよりも、自分はがんばっているのだということをアピールする武器にはなるのです。

 

通信講座などを見ていると、TOEIC700の英語力が恐ろしいような気になってしまいますが、そうではないことだけは理解しておきましょう。

 

では、自分の実力向上が大切ですね。

 

 

TOEICの難易度

TOEIC英語力があることが企業においてプラス方向に評価されることは常識としていいでしょう。

 

直接業務上で英語を使わない職場も、評価の対象としているようです。

 

TOEICは英語力の評価ですから、そのレベルがどの程度かが重要です。

 

TOEICでは点数によってレベルを設定しています。

 

最上位のAレベルは860点以上です。

 

自己の経験の範囲内での、専門外の話題でも十分理解出来るし、語彙・文法・構文を正確に理解出来ると評価されます。

 

英検での評価は1級レベルと言われています。

 

そうしたらレベルBは730点以上です。

 

適切なコミュニケーションが出来る基礎があると評価されています。

 

日常会話は完全に理解できて応答も速いのです。

 

話題の変化に対応することが出来るため、業務で支障がないレベルです。

 

精度と流暢さは少し劣りますが、キャッチボールの面では問題ないということです。

 

レベルCになると、470点以上です。

 

限定された範囲内でのコミュニケーションなら出来るレベルです。

 

的確なキャッチボールは状況によって困難になります。

 

基本的ことは理解していても、応用が利かないということでしょう。

 

このようにTOEICのレベルに応じて、英語力が高くなります。

 

この程度なければTOEICで高得点を売ることはできないと考えていいでしょう。

 

勿論、勉強することによってTOEICの点数を突き上げることはできます。

 

特にTOEIC対策と呼ばれる勉強法ならば、英語力が劣っていても点数を採り入れることが出来るのです。

 

あなたはどの程度の英語力がありますか。

 

ひと度TOEICを通してみませんか。