TOEICのリスニング

TOEICのリスニング

日本人にとってTOEICや英検の障害はリスニングです。

 

やむを得ず聞き取りが情けないのです。

 

どうすれば聞き取り能力がアップするのでしょうか。

 

インターネットでTOEICの学習方法について検索してみましょう。

 

如何なることが出てくるでしょうか。

 

インターネットの情報では、聞き取り力をアップさせなくてもTOEICや英検のリスニングで高得点を挙げるための方法が掲載されています。

 

その人がいうにはそれは苦しいことではなかったと言います。

 

よく考えてみましょう。

 

TOEICは何のための試験でしょうか。

 

英語でのコミュニケーション力の評価としてTOEICが活用されているのです。

 

TOEICでいい点数を取ったら、英語でコミュニケーションができなければならないのです。

 

それができないのにTOEICで素晴らしい点数を取ってどうしてするつもりなのでしょうか。

 

無論、リスニングの対策をしたとしても、不正を通じているわけではありませんから受験上の問題はありません。

 

但し、英語力を活用して仕事を通じていくつもりならば、TOEIC対策などをするべきではありません。

 

TOEICの点数は英語力の結果としてついて生じるものと考えるべきでしょう。

 

現代人は各種ところで、自分の都合に合わせてもの事を解釈する傾向があるようです。

 

結果がすべてであり、その過程はどのようになっていてもいいという考え方です。

 

TOEICが多くの企業で採用されているのは、英語力の指標としているからです。

 

TOEICで好ましい点数をとっても、英語力がなければ一気にわかってしまいます。

 

自分の能力を決めるためのTOEICです。

 

そのことをよく考えてリスニング能力を高めましょう。

 

 

TOEIC攻略法

TOEICの虎の巻が各種サイトで公開されています。

 

多くのサイトは筆者の経験に基づくものだから、特に嘘は書かれていないと考えていいでしょう。

 

但し、TOEICで高得点を並べるための虎の巻を考えるということは、英語力を決めること無くいい点数を食べる方法という意味合いが強いか。

 

TOEICで英語力を評価するのですから、英語力はTOEICの点数に比例してなければなりません。

 

多くの人にとってそれはふさわしいのですが、虎の巻を学んだ人では違うことになります。

 

英語力を上げることは自分の資質を上げることになります。

 

但し、虎の巻でTOEICの対策をしたとしても、自分にとって何が身に付くのでしょうか。

 

就職や転職にTOEICは有効だと言われています。

 

TOEICの点数がよかったのに、英語力がきちんとでなければ、結果的に評価は下がってしまう。

 

自分のポテンシャルとしてTOEICを活用やるなのです。

 

もちろん、一生懸命勉強しているのにTOEICで嬉しい点数を摂ることができない人もいます。

 

そういう人は英語力がないと諦めるべきかもしれませんね。

 

TOEICの虎の巻では、今までの出題傾向や楽をして点数を稼ぐための方法などが書かれています。

 

英語力を上げるための学習法などはどこにもないのです。

 

楽をして高得点をすこぶるその後には何が留まるのでしょうか。

 

自分の能力を上げること、そして、それが正当に評価されることを望むべきなのです。

 

各種虎の巻が巷にあふれていますが、利用して良いものとそうではないものを区別出来る節度がほしいものです。

 

 

TOEICのリーディング

リーディングは読解力です。

 

TOEICでのリーディングも同じです。

 

TOEICではリスニングとリーディングで100問ずつが出題されます。

 

リーディンではいかなることに注意して勉強すればいいのでしょうか。

 

中学校から英語を習っている日本人にとっては、リスニングよりもリーディンの方を得意としている人が多いのではないでしょうか。

 

ただし、ふさわしい文法を知っていなければ、好ましい点数を売ることはできません。

 

また、必要な単語は覚えておくことが大事なのです。

 

リーディングはテキストとして提供できますから、たくさんの教材が販売されています。

 

その中には今までの出題傾向から考え出されたソリューションなどもあります。

 

当然、英語の能力には個人差がありますから、すべての人がおんなじ教材でおんなじ効果を引き上げることはないでしょう。

 

ただし、頻出単語を知っておくことで効果的学習が出来るはずです。

 

英語でのコミュニケーションを位置付ける時折知らない単語があるとそれが支障になります。

 

標準的な単語はすべて知っておくことです。

 

また、文法についても十分な理解力がなければなりません。

 

私たちの周りにはTOEICのための勉強するチャンスはたくさんあります。

 

その気になれば、無料で質の良い教材もあるのです。

 

リーディングが得意だと考えているのであれば、TOEICのためと言うよりも自分の能力アップのために勉強してみましょう。

 

TOEICが最終目標ではなく、業務で役に立つ英語力を身に付けることが目的のです。

 

あなたがTOEICをどのように考えているかによって勉強方法が違ってくるのです。