TOEICについて

TOEICについて

TOEICを聞いたことがあるでしょうか。

 

英語の能力を分かるための検定試験のことです。

 

TOEICについて、説明ください。

 

TOEICは日本だけで行われているものでなく、世界共通のテストです。

 

このテストによって、英語でのコミュニケーション能力を量ることができるのだそうです。

 

日本での試験は全国各地で行われています。

 

各県で1か所の試験会場があるようです。

 

そうして、多い開催地では毎年8回の試験が行われています。

 

自分がTOEICを受けたいと考えれば、気軽に受けることができるのです。

 

TOEICはトーイックと読みます。

 

Test of English for International Communicationの頭文字を取ったものです。

 

TOEICテストの特長は合否ということではなく、スコアで評価します。

 

点数は10点から990点までです。

 

評価基準を一定に保つために統計処理が行われます。

 

能力に変化がなければスコアも一定に保たれるような評価方法になっているのです。

 

このことがTOEICに対する精度となっています。

 

自分の英語能力を正確に把握し、目標となるスコアを設定できることになるのです。

 

また、世界の約120か国でTOEICの試験は実施されています。

 

試験の内容には文化的背景や言い回しなどが排除されていますから、いやにグローバルスタンダードと言えるのです。

 

英語の文法を知っているとか、話すことができる取った能力ではなく、コミュニケーションをするための英語力が仰ることになります。

 

身近なところから仕事シーンまで幅広く英語によってコミュニケーションができるかということです。

 

TOEICの評価で学校や企業などでの評価を通しているところもあるようです。

 

 

TOEICの単語

TOEICではどこの国も通用するような映画だけが出題されます。

 

そのために、よく出る単語はある程度絞ることができます。

 

TOEICの最頻出単語として600程度を覚えるとかなりの部分をカバーすることができます。

 

単語を覚えるのはどんな方法でも構いませんが、自分でテキストを購入するよりも、オンラインで単語のチェックする方法もあります。

 

設問形式で、単語の意味や用法を理解していくのです。

 

TOEICの試験では2時間に200題の問題を解かなければなりません。

 

つまり、じわじわ考えている暇はないのです。

 

多くの人がTOEICを受験しています。

 

どのように勉強しているのでしょうか。

 

インターネットで検索してみると分かりますが、TOEICに関する情報はたくさんあります。

 

その中に単語を覚える方法なども書かれているのです。

 

頻出単語を覚えるのは当たり前ですが、600程度の単語があればコミュニケーションは成立するということでしょう。

 

無論、実践においては専門用語なども特別得る必要があります。

 

TOEICで高得点を挙げたからと言って、結構コミュニケーションが出来るわけではないのです。

 

英語自体は中学校のころから勉強してきたはずです。

 

但し、ほとんどの人が英語を話せるようにはなりません。

 

でもある程度の単語の意味は分かります。

 

学校での教育が無駄になっているわけではないのです。

 

私たちの周りには多くの英語があふれています。

 

また外人と共に仕事をすることもめずらしくなくなってきたのです。

 

あなたの仕事はなんですか。

 

英語力を必要とされていませんか。

 

 

TOEIC対策

英語でのコミュニケーション力の指標としてTOEICが多くの企業で採用されています。

 

但し、並みがTOEICで高得点を取ろうとすると、傾向と対策に重点を置くことになります。

 

そのためにTOEICでは良い点数なのですが、実際にしゃべるときの英語力は落ちてしまうという意見があります。

 

そのことについて考えてみましょう。

 

TOEICは英語力を量るための指標ですから、TOEICの勉強は英語力を飼うものではないということです。

 

また、英語でのコミュニケーション力として必要な資質の一部しか評価されません。

 

もちろん、TOEICは指標として提供されているのですから、そのこと自体に問題があるのではありません。

 

TOEICの対策だけをして英語力がついたと勘違いすることが小さいのです。

 

TOEICの対策では英語力を身に付ける過程を無視していること、日本語の解説を理解していること、偏ったリスニングを通していることがその理由と言われています。

 

TOEICで英語力を高めようとしているのであれば、TOEICの対策をするのではなく、英語の勉強をした結果として、TOEICがハイスコアになるようにしなければなりません。

 

ふさわしい英語学習が必要ということです。

 

それは必ずしもTOEIC対策などではないのです。

 

TOEICは英語でのコミュニケーションを評価します。

 

すべて英語で策することが大事です。

 

解説などのテキストを読むと、それは日本語ですから、頭の中で日本語に翻訳してから考えているのです。

 

英語力にとってその過程は害だけがあります。

 

日本人が中学校から英語を学んでいるのに、滅多にしゃべれないのは日本語で感じ取る癖がついているからでしょう。