英会話教材の学習方法(1)

英会話教材の学習方法(1)

英会話教材による基本的学習方法を紹介します。

 

英会話の学習と成果を持ち上げるために、根本と罹るものは「語彙」です。

 

語彙は、木の“根”に相当する部分で、これがおろそかになると、全てが崩れてしまいます。

 

考えてみて下さい。

 

意味のわからない言葉を、いかにがんばって解読しようとしても無理ですよね。

 

逆に、言葉の意味を知っていれば、英文法なども理解しやすくなるのです。

 

そのため、語彙はとても重要なスキルなのです。

 

語彙力を飛躍的に決めるものは「英文法」です。

 

英文法をマスターして、ふさわしい英文法を英会話で使えば、会話の意味を一段と理解できるようになります。

 

そのため、英文法の学習を怠らず、教材を通じて学習するようにしてください。

 

次は、「リスニング」についてです。

 

リスニングをマスターすることで、音声からよりの語彙を吸収できるようになります。

 

また、英会話教材の英文法に対しても、良い影響を与えます。

 

リスニング力を見に附けるには、語彙と英文法、そして、語彙を聴いたり見たりして、それを理解するまでのスピードが必要になります。

 

このスピードが一定になれば、リスニングが遅れてしまうことはないでしょう。

 

そのためには、語彙と英文法をある程度学習した後、英語音声のCDをとことん聞いて、音声の後に続けて声を出す“シャドーイング”を行う学習をすると良いでしょう。

 

このほかに、英会話を上達させるには、リーディング、スピーキング、ライティングを学習する必要があります。

 

 

英会話教材の学習方法(2)

英会話を習得するには、語彙、英文法、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの学習が必要です。

 

その中で、リーディング、スピーキング、ライティングについて述べます。

 

教材において学習する場合は、次のことを頭に入れて進めて下さい。

 

「リーディング」は、リスニングとかなり性質が似ています。

 

なぜなら、リスニングと同様に、語彙と英文法、語彙を理解する速度が必要だからです。

 

効果的に学習するためには、この3つに重点をおくことが大切です。

 

リーディングをしっかりと立ち向かうことで、語彙や英文法の練習にもなり、広い可能性が現れるでしょう。

 

次は、「スピーキング」についてです。

 

スピーキングはハードルの何より高いスキルです。

 

語彙を瞬時に思い浮かべて、それを規則正しく並べるという、実に手間の繋がる作業をしなければなりません。

 

効果的学習法としては、瞬時に聞き取るために、シャドーイングなどのトレーニングを結び付けましょう。

 

シャドーイングで、音声を追って声に出すことで、スピーキング力が向上します。

 

また、英会話教材においてスピーキング学習を行うと、リスニング力強化にもつながります。

 

最後に、「ライティング」について述べます。

 

ライティングは、考えてから書くので、スピーキングと違って、スピードを要求されることはありません。

 

但し、能力は同様のものを要求されます。

 

何もないところから文章を書くので、むずかしいことに変わりません。

 

二度と、スピーキングでは、多少いい加減な英文法も通じますが、ライティングにおいては、精度が問われます。

 

それに付け加え、ふさわしいスペルも求められます。