求人募集広告から年齢制限が消えた訳

求人募集広告から年齢制限が消えた訳

最近は、求人募集広告を見ている方はおわかりになっただろうが、年齢制限が書かれていませんよね。

 

「35歳まで」とか、以前は、「50歳くらいまで」とか、求人募集広告に制限が書かれていた。

 

やってみたいとおもうパートはたいてい「35歳まで」と書かれていて、私が30代後半だったころ、どれも面接を受けるまで行かなかった記憶がある。

 

2007年10月1日に施行された「改正雇用対策法」によって、これは、求人募集広告に年齢制限が掲載されることを、廃止したからだ。

 

基本的に禁止しただけであり、ですが、実は求人募集広告には書かれていなくても、実際、面接した際に、年齢が原因で落とされることがある。

 

年齢制限をかけている企業が多いことは事実ですので、書類選考によって、法改正後にも、相変わらず、年齢制限は残っていると言われている。

 

ハローワークでの求人も、この法改正後は、もちろんのこと、民間の職業紹介所や、求人募集広告のフリーペーパー等、一斉に年齢の壁がなくなる予定でした。

 

掲載内容からはなくなりましたが、もちろん、年齢制限は、やはりおこなわれていると言えます。

 

就職機会を幅広くする為に法改正されたのですが、フリーターや中年の転職を応援しようと、実際、企業側としても同じ雇うなら、将来性がある若い人のほうが良いに決まっていますからね。

 

求人募集広告に年齢制限を設けないことは企業側として、このように、法的義務となっている。

 

違反した場合は、これに万が一、罰則は設けられていません。

 

ハローワークが指導、ただ、または勧告して是正させると言うことだ。