転職がうまくいかないとき

転職がうまくいかないとき

転職がうまくいかなくてもどうしても落ち込まないで下さい。

 

女性それでも男性それでも転職活動の準備をきちんとして、転職に備えていても不採用となることはあります。

 

というよりも、転職は男性けれども女性けれども不採用の方が多いと考えていた方がいいと思います。

 

転職にひとまず失敗しても決して気を落とさずに前向きに次の企業にかけて転職活動をするという硬い気持ちを持つことが転職活動には必要なのです。

 

 

何より女性は一度でも企業に勤めたことがあると、プライドが邪魔をして不採用を言い渡されると気持ちと行動の両方があっという間に落ちる人が多いです。

 

転職活動というのは、基本的に「企業との相性」です。

 

相性が合わなければなんの落ち度がなくても採用はされないのです。

 

必ずしも「自分が酷い」とは考えないで下さい。

 

転職の求人の場合、企業側の採用試験の準備不足によって不採用となることもあるようです。

 

事業を拡大する予定で求人広告をだしたものの、企業側が追求したい人材像が社内で明確になっていないまま面接を通してしまい、不採用となることもあるようです。

 

このような場合は、転職希望者が不採用の理由を企業に尋ねても明確な理由は返ってきません。

 

このような場合、企業側の落ち度だった、転職活動においてよろしい経験になったとプラス思考で打ち破るようにしてください。

 

転職するのに企業にとって理想的な人材に生まれ変われるように面接でアピールすることは大切ですが、企業の理想に合わせてうその自分をあげるのはよくありません。

 

採用担当者にはこのようなうそは見抜かれてしまいます。

 

面接では正直に私を見せるようにして下さい。

 

女性の転職で大切なことは自分を力一杯出すことです。

 

転職支援エージェント

 

転職するなら、人材紹介会社などをうまく活用するといいとお話ししました。

 

女性の転職において実績と人気のある転職支援エージェントをいくつか紹介していきます。

 

利用検討の際の参考資料として下さい。

 

 

「パソナキャリア」は求人数が約12,000件あります。

 

徹底したサービス、エージェントの質が良いことが人気の理由となっています。

 

ようやく転職する人、女性の転職についても丁寧に対応してくれます。

 

対応拠点が北海道から沖縄までと大きいことも魅力です。

 

 

「Woman Will」は女性コンサルタントが起業した女性のための転職支援サービスそれで女性は利用しやすいと思います。

 

 

「リクルートエージェント」は公開求人数が約3,000件、非公開の求人数が約29,000件、年収アップ率は半分以上を誇っています。

 

日本国内において最大のキャリアコンシェルジュです。

 

求人件数だけではなく、顧客評価も転職成功者の数も業界で金字塔です。

 

エージェントの数も500人以上いて業界最多なので利用しやすいと思います。

 

 

「エンジャパン」は転職サイトを比較するランキング調査において2006年から2年連続で総合評価の1位に輝いたのがこのエンジャパンが運営しているサイト「en」です。

 

求人情報が豊富なこと、女性向けに福利厚生が好ましい企業、女性に人気の職種などの検索もできるため女性にお勧めの転職サイトです。

 

各種業界に幅広く凄いのが特徴です。

 

拠点も北海道から九州まで幅広くあるので便利です。