働きやすい会社

働きやすい会社

自己実現を目指して女性の転職も急増しています。

 

数ある求人情報の中から女性が働き易い新天地を選ぶポイントを紹介します。

 

Web上には毎日のように求人情報が掲載されます。

 

選択肢は広がっていますがこの中から探るポイントは、「次世代認定マーク」です。

 

次世代認定マークとは、2003年7月に作られたもので、少子化対策の一環として誕生したものです。

 

このマークが認定されたことによって、次世代に対して育成支援対策を積極的に取り組んでいる企業として周知されるようになり、企業のイメージアップを企てることができ、働いている社員のモラル向上を図ることもできました。

 

 

ピンク色のイラストには明るさと優しさを指しました。

 

「くるみん」という愛称で親しまれています。

 

赤ちゃんを大事にくるむ「おくるみ」の意味を込めて、「職場ぐるみ」とか「会社ぐるみ」で「子供たちの育成に取り組む」についてを秘めたイラストです。

 

 

企業のホームページや企業の求人広告などで目にする機会があるこの「次世代認定マーク」は、企業選びの際にぜひともチェックして下さい。

 

女性が仕事と子育てを両立しやすい環境にあるかどうかその企業を分かる指標となります。

 

実に取り組まれている内容は企業によって違うので担当者を通じて確認してみるといいです。

 

 

もうひとつは、企業を実に訪れて見ることです。

 

玄関部分にキッズルームを併設している企業もでてきています。

 

オフィス環境を見るには実に現状を確認するのが一番です。

 

最近ではオフィス内に女性向けの仕様をする企業も増えてきました。

 

トイレを大きくきれいにしたり、パウダールームを併設したり、ロッカーや大きいフィッティングルームを設けるなど女性が働きやすいように配慮してくれているのです。

 

こういったことをしると女性社員が働きやすいようにと配慮してくれている企業側の意図を分かることができます。

 

 

キャリアコンシェルジュ

 

仕事もプライベートも両方充実させたいから転職を考える女性が多いのですが、これは決して贅沢なことではありません。

 

プライベートが充実すればこそ仕事も充実させることができると思います。

 

キャリアコンシェルジュはプロとして適切な転職のアドバイスを通じてもらえる。

 

転職を成功させる条件として、仕事選びの軸がしっかりと定まっていなければなりません。

 

理想の仕事、職場環境について具体的に策することが転職成功への近道です。

 

別に女性の場合、男性よりもこういった理想や職場環境に漁るものが多いのでこれだけは譲れないというものをはっきりさせなければなりません。

 

たとえば海外留学の経験がある女性の場合などは、「IT業界で語学力を活かした仕事をしたい」とか「資格を保持している社会保険労務士の仕事をしたい」など明確に唱えることが大切です。

 

明確に伝えれば、キャリアコンシェルジュが希望に沿った企業を紹介し、的確にアドバイスをもらうことができます。

 

他にも会社に待ち望む条件として「残業が僅かところ」とか「福利厚生が充実しているところ」などのリクエストも可能です。

 

なんでもいいのではなく、わがままになった方が的確にアドバイスもし易いのです。

 

殊にこれといった希望がないという場合においても、キャリアコンシェルジュは転職相談にのぼりながら利用者の市場価値を見い出しながら客観的に診断してもらえる。

 

どうも企業内部の状況までは外部からはわからないものです。

 

ただしキャリアコンシェルジュは企業の求人募集背景や社風といった募集要項に書かれていないことまで教えてもらえる。

 

具体的に残業の割合や昇給についてなど、企業側に直接聞きにくいことも代わりに質問することもできます。

 

企業側とのスケジュールを調整したり、条件面について交渉したりすることもできます。

 

このようにしてキャリアコンシェルジュは転職活動を全面的に支援してくれるプロなのです。

 

うまく活用して、とにかく転職を成功に導いて下さい。