求人募集広告の内容をチェックしようその8

求人募集広告の内容をチェックしようその8

ネットでの展開に力を入れている会社もありますから、小さい会社でも、面接を受ける前にはHPは見ておくべきだろう。

 

何より、多様な情報もゲット出来ますし、面接の際に、事前にHPを見たと言うことは、自己アピールに繋がります。

 

ヤル気があると見られ、ヤル気がある、その積極性を採用側もくんでくれると思われる。

 

求人募集広告に掲載されている内容で、又、「委細面談の上」と言うのを見かけることがある。

 

これはどういう意味なのでしょう?実は細かいことは面接で話しますので求人募集広告には書きませんと言う意味だ。

 

本当に求人募集広告に使う文字数が足りなくて書ききれないと言うことも、これは、もちろんある。

 

悪く考えるとここに掲載出来ないこともあるので、または、詳しくは面接の時に伝えると言うことでもあるようだ。

 

このように書いている会社が良くないと言うことではありませんので、そうかと言って、面接のときに確認すればオッケーだ。

 

面接のときに忘れずに質問するようにしたいものだ。
自分が質問したいことを事前に書き留めておき、最後に、それから、求人募集広告にいつも掲載されている会社ってある。

 

募集している会社があり、見るたび、職種も待遇もいつも同じ、このような会社は社員、アルバイトが長く続かないことが予想されます。

 

その人がすぐ辞めてしまうので、採用されても、同じような求人募集広告を繰返し掲載していると考えられます。

 

求人募集広告を連続して掲載している、もちろん、すべての会社がそうではないが、これらのPRには気をつけたほうが無難だろう。