転職の落とし穴

転職の落とし穴

出世を求めて転職をしたはずなのに、実際には職を転々とするだけに終わってしまうという話もよく聞きます。

 

仕事にやりがいを求めて転職したのに、出世の実感が得られること乏しいという人は要注意です。

 

たとえば、現在働いている会社でパソコンのスキルを身につけて資格を取得して多少なりとも出世をはかろうとした女性がその職場では何の評価もされずに正当な評価を通じて受け取れる会社に転職を考えたけれど、その資格では新天地も評価は変わらなかったという話があります。

 

他にもウェディングコースナーは夢のある仕事のように思えて、ある女性がコースナーになるためのスクールに通って晴れてプロデュース会社に転職をしたそうです。

 

但し仕事が刺激的だったのは最初だけで、土日も休みがない仕事で、お客様のわがままにつきあうのにも嫌になってしまい結局辞めてしまったそうです。

 

このように何とか出世を考えていたのに、実際には出世をすることができずに結局やめる羽目になるということがよくあります。

 

 

これには出世に関しての不調があるのです。

 

それは仕事の選び方です。

 

人気の仕事に就こうとせっかく必要な資格を取得してまで転職したとしても、時代はガンガン変わっているのです。

 

その仕事が数年先にも人気があるとは限らないのです。

 

今好調な業界も数年後どうなっているかわからないのです。

 

ですから出世を目的とした場合の仕事の選び方で大切なことは、とても自分がやりがいを感じることができること。

 

自分が「やってみたい」と心底興味の持てる仕事を選ぶことが大切なのです。

 

転職を通じてキャリアを積んでいる人のほとんどが、「人気の仕事」として選んだのではなく「この仕事をやりたかったから」ので選んでいます。

 

 

転職の落とし穴にあなたが落ちないためのポイントです。

 

出世を考えた場合の仕事は「人気」や「好調」で選ぶものではなく、「やってみたい」で選ぶようにください。

 

勉強してもすぐにそれが収入に結び付くわけではありません。

 

何事も積み重ねて行くことが大切なのだということを知って下さい。

 

出世するためには少しずつ重ねることが大切なのです。

 

 

結婚後も続けられそうな仕事

 

女性の場合何より結婚を機に仕事を続けられるかどうか多くの人が悩みます。

 

それを見越して最初から結婚後も続けられそうな仕事を選んで就職する人もいます。

 

転職を通して仕事の基盤ができてから、結婚をする人もいます。

 

結婚してから、今後どうして出向くか考えて転職をする人もいます。

 

 

ここでは女性が結婚を通しても続けられそうな仕事を紹介します。

 

仲間目が「カラーセラピスト」です。

 

カラーセラピーとは、色彩によって持てるパワーで精神や体を癒すことです。

 

セラピストは相手が選んだカラーボトルの色で相手の心の状態を分析してアドバイスをする人のことです。

 

色彩に興味のある人や、聴き上手な人、人を幸せにするのがスキな人に向いている職業です。

 

人にわかりやすく述べることができるスキルを必要とします。

 

カラーセラピストになるには、スクールへ通うなどして知識を習得し、資格をとります。

 

カラーコンサルティングなどに就職することができますし、将来的には自分で独立することも可能です。

 

 

2つ目が「リフレクソロジスト」です。

 

足裏をおして臓器を刺激し、気晴らしや体を健康にする仕事です。

 

心も癒されたいとして訪れるお客さんも多いので、技術だけではなくコミュニケーション能力も必要とされます。

 

スクールに通い技術を身につけて、卒業後サロンで動くのが一般的です。

 

経験を積み、将来的には自宅でサロンを解く人もいます。

 

 

3つ目が「アロマセラピスト」です。

 

人気のアロマブームにのって、こちらも自宅でサロンを解く人が多い仕事です。

 

精油を通じて、気晴らしやリラックス効果をうながすことができるアロマテラピー。

 

香りを生活の中に組み入れる方法などをアドバイスします。

 

人と接するのがスキな人や、施術や香りを調合するので色んなことに興味をもってできる人に向いています。

 

アロマセラピストになるには、スクールへ通い技術を身につける必要があります。

 

 

結婚後の仕事、パン屋さん、行政書士

 

4つ目が「行政書士」です。

 

仕事の時間調整がしやすいと人気があります。

 

一般生活においてやビジネス上において必要となる申請書類や、許可事項の書類作成や手続きをします。

 

個人や会社の代わりに書類作成や申請を行う仕事で、これらの相談に乗じることもあります。

 

行政書士になるには国家資格を必要とします。

 

通信講座やスクールなどで勉強し、資格を取得しなければなりません。

 

資格をとったら、行政書士会に入会し、行政事務所などで働きます。

 

キャリアをつめば将来的に独立も可能です。

 

結婚して産後のことを考えて、企業に勤めているうちから勉強し資格を取得して転職をする人もいます。

 

新天地としては安定している仕事だと当てはまると思います。

 

 

5つ目が「パンの講師」です。

 

自宅でも解くことができるのが魅力です。

 

育児中の女性けれども自宅でできるため、子供を人に預け入れること無く目の行き届く範囲で仕事ができます。

 

またパンを焼くのがスキだという趣味を活かしてできる仕事として、女性の新天地としても人気があります。

 

パンを焼くのがスキな人や、人と接して人に報じるのがスキな人に向いています。

 

パン教室を解くには、とても自らがスクールやパン教室に通うなどして知識を身につけなければなりません。

 

資格がなくても自宅でサロンはできるため、多くの主婦に人気がある仕事でもあります。

 

しかしながら知識の目安として、民間で主催されている資格だけでも取得しておいた方がいいと思います。

 

サロンを解くということは、趣味ではなくあくまでも仕事なのです。

 

 

在宅ワーク

 

外に出て動くだけではなく、在宅ではたらくそれも転職の形のひとつです。

 

女性の場合はそれほど時間が自由に持てない、特定の時間家を空けることが酷いという人が多いです。

 

こうした意味から在宅で動くことはライフスタイルを崩すこと無く動くことができる、最高の新天地と言えると思います。

 

近年それではネットにたくさんの在宅ワークに関しての求人情報がありますから、仕事検索も手軽に行なうことができます。

 

在宅で行なう仕事の中にも様々な種類の仕事があります。

 

その中で「SOHO」と「チャット」について紹介します。

 

グループ目はチャットを仕事とする「チャットレディ」です。

 

チャットサイト上で、多くの男性たちとお話しするのです。

 

男性が会社にお金を払って会話を楽しんで、女性は会話した分の報酬を会社から受け取るのです。

 

報酬が以外と高めなので、1日わずか1時間程度参加しただけでも1ヶ月に10万円程度の収入を得ることができるそうです。

 

 

2つ目は「SOHO」についてです。

 

SOHOは個人事業主、発注者とあなたが負託契約を結び報酬を得るのです。

 

SOHOの仕事は、文章を書くものやデータを狙うもの、プログラミングをするものなど様々な仕事があります。

 

在宅も月で数万円の収入を得ることができるそうです。

 

SOHOでの仕事が慣れてくれば、毎月大体一定額、収入を得られます。

 

特別な資格が特に求められず、自分の得意分野で自分のスキルを使いこなすこともできる仕事です。

 

外にでてはたらくだけではなく、SOHOという形の個人事業大まか結婚している女性けれども子供がいる女性けれども立派に転職することができます。