長く動くコツ

長く動くコツ

男性よりも女性の方がライフイベントはたくさんあるため、長く行ない積み重ねることが苦しいケースが多くなります。

 

女性が長く動くためには、これらのライフイベントによって働き方を考える、それに当てはまる職場環境をみつけることが大切なポイントです。

 

それが現在の職場では実現できないことならば、新天地を考えなければいけなくなります。

 

具体的に挙げると、女性のライフイベントには、結婚、出産、育児、介護など仕事をしていると両立させることが困難なイベントが多いです。

 

他にも夫の仕事の変化や、子供の入学や進学といった家族のビジョンもものすごく影響します。

 

このようなことにおいて女性が長くはたらくためのコツを考えていきます。

 

 

では女性自信が今度のライフキャリアサービスを明確にする必要があります。

 

今どんな家族と住んでいるのか、仕事や趣味は何か、将来どうなっていきたいのかなど自分らしく動けるための仕事を見出すには、ライフキャリアサービスをしっかりと練ることが必要です。

 

ライフキャリアサービスは、人生の計画と仕事の計画を組み合わせたものを指しています。

 

女性の場合仕事と家庭の比重はその時の状況を通して変わってきます。

 

仕事を一生懸命やりたいとして栄転を考えているときなどは、仕事が9割で家庭が1割になって仕舞うこともあるかもしれません。

 

子供が生まれて家事や育児に集中したい時折、仕事が2割で家庭が8割合上ることもあるかもしれません。

 

いつも仕事が半数で家庭が半数でいる必要はないのです。

 

新天地を考える上でもライフキャリアサービスを考えることは大切なことなのです。

 

 

転職のコツ、価値観

 

仕事を長く続けていきたい女性の場合は、先に仕事の計画を考えてから人生の計画を考える方が長続きします。

 

たとえば職の状況を考えて、あと2年仕事で経験を積んでから妊娠、出産を通じて育休を摂るとか、いずれは職を辞めて転職を考えているので、転職してから結婚を考えた方がいいなと考えをまとめていきます。

 

そうして具体的に1年後や3年後、5年後、10年後などを自分や家族の変化、仕事の変化などを一覧にすることで漠然と未来をわかることができます。

 

するといつまで今の職場ではたらくのがいいのか、転職を考えるならいつか、ベストな働き方などイメージできるようになります。

 

もちろんこのプランは途中でいくら変更してもいいのです。

 

柔軟に変えていくことこそ、女性が長くはたらくためのコツもあるのです。

 

またこのようなキャリアサービスは家族などの意見も参考にしてあんまり1人で決めないことも大切なポイントです。

 

女性が長く動くためのコツで大切なことは、変化に対して柔軟に対応することです。

 

常に今何が大切なのかを考えて柔軟に変化していくことが、成功のコツなのです。

 

 

また仕事に対しての価値観も考えてみて下さい。

 

仕事にやりがいを突きつけるのか、給与の高さを欲するのか、自分が成長できる環境を探し求めるのか、家庭と両立できる仕事を待ち焦がれるのか、趣味を活かしてできる仕事を待ち焦がれるのかなどそれぞれ違うと思います。

 

会社である程度高い給与をもらって働きたいという人の場合は、正社員で長く絡み積み重ねることが必要となります。

 

そのためには、「産休や育休が落ちる会社を見出す」など明確な目標が保ち易くなります。

 

やりがいのある仕事と家庭の両立を探し求める人の場合、会社に勤めていることがすべてではないと思います。

 

個人事業大体テナントを借りてやりたい仕事をするために転職することも、時間が自由になるので家庭と両立もし易くなって相応しい方法かもしれません。

 

このように自分がどうしたいのかその価値観を考えることも大切なことなのです。

 

 

キャリアアップ、女性の転職で会社の評価

 

一日の時間の中で大半を過ごすことになる「会社」は、自分が出世を図る上で大きな意味があります。

 

自分がいま働いている会社が出世に有益なのかどうにか考えてみます。

 

転職を通じて複数の会社に勤務したことがある人にはわかると思うのですが、会社は各社考え方や性格が違うのです。

 

会社の方針、雰囲気すべて違います。

 

女性のキャリアという点から見てみると、仕事をすることでキャリアを重ねていただける会社もありますが、できない会社もあります。

 

後者の場合ですと、どんなにその環境で仕事を頑張っても出世をすることは難しくなります。

 

 

では具体的に出世ができる会社とはどんなものなのか見ていきます。

 

仕事の中である程度個人の判断が活かされて、仕事を任されるケースが多い会社。

 

個人として評価してくださる機会がある会社。

 

男性と同じように女性にも仕事に関して酷く叱りつける上司がいる、女性社員を「うちの女の子」と言わない職場。

 

定期的に面接などがあり異動希望などが伝わる会社。

 

ある程度ひとつの仕事をした後には初々しい課題に取り組ませて貰える環境作りがされている会社。

 

社員の提案がよく通っている会社。

 

社内に目標とされる憧れの存在となる実力のある女性社員がいる会社。

 

方針が一貫している会社、上司の判断も安心して仰ぐことができる会社。

 

男性と同じように女性にも研修の機会がある会社などが挙げられます。

 

 

自分が今勤めている会社にこのようなことが引っかかるのかどうかチェックしてみてください。

 

出世が難しそうだと感じる会社であれば、転職するなどして職場環境を変える必要があるかもしれません。