訪問介護について

訪問介護について

ケアプランを作成する仕事はケアマネージャー試験に合格する事によって出来る様になるのですが、このプランの中に訪問介護を加える場合が有ります。

 

この訪問介護は案の定いかなるものなのか説明して見たいと思います。

 

ケアマネージャー試験の参考にしてください。

 

初めて訪問介護とはホームヘルプサービスとも呼ばれる事が有ります。

 

ホームヘルパーの方が要介護者、要介護支援者と判断された方の家へ行って、生活全般に関する手助け、たとえば入浴や排せつ、食事に関する手助けを通して得るサービスになります。

 

サービスには身体介護と家事介助に分けられます。

 

身体介護と言うのは食事の世話だったり、排泄のお手伝いだったり、入浴のお手伝い、外出時の介助、服薬の確認、身体の向きを変えると言った身体的な事に関する介護で、要介護者の方が生活を自立させる為の介護を通しています。

 

また家事援助に関しては、要介護者の生活を支援する事を目的とし、家事掃除といった生活に必要な家事全般を支援します。

 

家事援助は自分で家事が出来ない人、その家族が行う事自体が無理な人が利用できる様になっています。

 

また、老人ホームに入居している人も施設のサービス以外に、訪問介護を利用する事が出来る様になっています。

 

しかし、犬の散歩や家の補修、部屋の模様替えといった家事は、要介護者に直接援助する事とはみなされない為に、サービスとしては行えない事になっていますので利用する際に注意する必要が有ります。

 

 

ケアマネージャーが配置されていて欲しい施設とは

 

ケアマネージャーとは、要介護者・要介護支援者の為に介護サービスを調整しながら、対象者達にとって適切なサービスを提供する為のプランを作成する事が出来る非常に大切な役割を持ち歩いています。

 

ケアマネージャーの仕事をする為には、ケアマネージャーの試験に合格して資格を取得しなければなりません。

 

試験は年に1回行われています。

 

ではケアマネージャーが配置されておいてほしい施設にはどんな施設が言えるのでしょうか。

 

ここではケアマネージャーの配置が義務付けされてない施設について挙げてみます。

 

 

 

訪問看護ステーション

 

訪問看護ステーションは医師会や看護協会、医療法人という所が開設している施設になります。

 

訪問看護を希望する人が頼む事によって、医師の判断を仰ぎ訪問看護をする為のナース達が在籍しています。

 

この訪問看護のサービスを提供するにあたってケアマネージャーを配置する事でグングン上質なサービスを提供する事が可能となる為に、1名以上いた方が望ましいと言えるでしょう。

 

 

 

在宅介護支援センター

 

介護の相談や指導、介護に関するサービスの提供や調整、連絡というケアマネージャーがたいして必要ではないかと想う業務を通している施設になります。

 

ここでは要介護者若しくはその家族からの相談によって、その人達に合わせたサービスを提供する役割を担っています。

 

どういうサービスを提供するかプランに持ち込むのがケアマネージャーとしての仕事になるので、1名以上は配置した方が良い施設を言えるでしょう。