介護保険について

介護保険について

介護保険についての知識を所持している事がケアマネージャーの試験を受ける為必要だと思います。

 

そこでケアマネージャーの試験対策として介護保険について説明してみたいと思います。

 

 

 

介護保険に加入する人は40歳以上の方全員が対象として掛け金を負担していく様になります。

 

この掛け金を払う事によって要介護と認定された場合は介護サービスを1割負担で利用する事が出来る保険で、この事について制定した制度を介護保険制度と呼んでいます。

 

この介護保険が始まったのは2000年4月ですので、いまだにどうしても年数が経っていませんので何かとこの制度が改正されながら作ってるという現状でも有ります。

 

介護保険制度は各市町村、特別区が主体となって運営していて、この制度を利用するにあたってケアマネージャーの存在は欠かせないものとなっています。

 

この介護サービスをもらえる資格が見て取れる人は以下の通りです。

 

 

 

第1号被保険者

 

65歳以上の人の事を指しています。

 

要介護状態と認定された人(寝たきりの状態になったり、痴ほう症になったりと、ある程度介護を要する状態になった人)、要介護支援状態と認定された人(終始介護をする必要は無いのですが、お風呂や家事等の日常生活において支援をする必要が見て取れる人)は介護サービスを受ける事が出来ます。

 

 

 

第2号被保険者

 

60〜65歳未満の人の事を指しています。

 

特定疾病が原因で要介護状態、要介護支援状態と認定された人は介護サービスを受ける事が出来ます。