ケアマネージャーが働く職場

ケアマネージャーが働く職場

試験にあたって合格した後のケアマネージャーが動く場所にはいくつか有ります。

 

主にケアマネジメント業務を遂行できる居宅介護支援事業者という場所、または介護保険施設が動ける場所として提示されています。

 

これらの施設では必ずケアマネージャーを配置しなければならないと義務付けられています。

 

これは介護保険法による人員配置で定められています。

 

ケアマネージャー試験の資格を取得した方はこれらの職場ではたらく事が可能となります。

 

まずはそれぞれの職場について説明していきましょう。

 

 

 

居宅介護支援事業者
ケアマネジメントの事を居宅介護支援と呼んでいますが、このケアマネジメントを行う業者の事を指しています。

 

主な業務としては訪問介護、訪問看護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、通所介護、通所リハビリテーション、居宅療養管理指導等の業務サービスを提供しています。

 

ケアマネージャーの配置ですが、この施設に常勤するケアマネージャーを1名以上置く事、この事業者を利用する人50人に対して1人の割合でケアマネージャーを増員する事、ケアマネージャーの管理者を決める事が定められています。

 

 

 

介護保険施設
介護保険制度によって開設されている介護保険施設の事を指しています。

 

主に介護老人福祉施設、介護療養型病棟、介護老人保健施設がこれにあたります。

 

ここでのケアマネージャーの仕事としては施設サービスでのコースを作成する事になります。

 

施設入所者100人に対して1名以上のケアマネジメントを配置する事が定められていますが、管理者はとにかく配しなくても良いとされています。

 

 

ケアマネージャーとしての就職

 

やっとケアマネージャーの試験を通して受かっても、その就職先が無いと宝の持ち腐れになってしまいます。

 

ただし現在はケアマネージャーの人材不足という事もあってか、要望がはなはだ厳しい資格であると言えます。

 

ですから、就職する際にケアマネージャーの資格を携帯していると実に有利なのです。

 

 

 

介護保険制度が制定されて数年経ってはいるのですが、介護の現場や福祉の現場においては人手不足という状況が続いています。

 

それに対して今後できるだけの高齢化社会になるという予想が出されていますので、介護や福祉に対する求人は更に必要になると見込まれているのです。

 

この介護保険制度は年々改正されたり新規で制定されたりしていますので、この制度を円滑に機能させる為にもケアマネージャーの存在は重要であると言えるのです。

 

ですから、将来的にも需要は安定していると言える職業ではないでしょうか。

 

 

 

ではそんな需要の高いケアマネージャーになるのに望ましい人物とはどういう人ものでしょうか。

 

ケアマネージャーは要介護者の為にケア介護の種類や計画を立てなければなりません。

 

そのスケジュールを管理する能力、事務処理をする能力が必要になります。

 

スケジュールとは要介護者の要望に出来る限り対応した種類を作成しなければなりませんし、色んな手続きを行う為の事務手続き等も行わなければなりません。

 

ケアマネージャーとは試験の為の知識だけではなく、付随してこういう能力も必要だという事になります。