ケアマネージャー試験の勉強

ケアマネージャー試験の勉強

介護に関する資格であるケアマネージャー試験には受験資格が有ります。

 

医療・保健・福祉に関係する在る一定の国家資格を保有している事、またその機関で一定のキャリアを積んでいる事が必要となっています。

 

つまり、ケアマネージャーの受験資格を携帯している人達は現下現役で現場においてバリバリと働いている人が多いという事になりますので、勉強時間を捻出するのがかなり困難事ではないかと予想されます。

 

 

 

ケアマネージャー試験問題数は全部で60問になりますが、その範囲はとても大きいものとなっています。

 

介護保険制度全般はもちろんの事、介護支援サービスの方法についてまでその内容は膨大です。

 

基本的には「改訂介護支援専門員テキスト」 を熟読すると良いと思うのですが、このテキスト本当は4巻構成で全部で2000ページほども有りますので、極めて試験前の数日間勉強すれば大丈夫というものではない位の量になっています。

 

仮に、このテキストを基に勉強する場合ところが章構成されていて、1章あたり1日勉強すると考えても3ヶ月位は必要で有ると推測されます。

 

二度と復習となるとまた期間を要する事になりますので、正しく種類を立てながら勉強して行く事が必要になります。

 

 

 

ケアマネージャーは介護サービスのケア介護の種類や計画を練り上げる仕事になります。

 

ですから勉強種類も充分整える事もケアマネージャーとしての勉強の1つになりますので、一概に計画を通して勉強して行く様にください。

 

 

 

職種別ケアマネージャー試験対策

 

保有している資格や従事している職種によってケアマネージャーの試験対策はなると思います。

 

ケアマネージャー試験では医療や福祉等、一定の国家資格を所持している事が受験資格となっています。

 

ここではその資格を所持している人の為に職種別試験対策について挙げてみたいと思いますので参考にしてください。

 

 

 

介護福祉士

 

介護福祉士の資格を所持している人は、試験で福祉サービス分野の15問が解答免除されていますのでそれ以外の試験勉強をする事になります。

 

介護福祉士の倍率は全体の2割を占めている様で大層高い確率であると言えます。

 

何故ならば介護福祉士の職業とケアマネージャー試験の内容にはおんなじ感じのものが多数見て取れる為、勉強内容をとうに履修している事が多いからです。

 

この事が試験倍率の高さの秘密ではないかと伺えます。

 

介護福祉士の方がケアマネージャーの勉強をする場合は、医学一般がきちんと勉強していないと思いますので医療サービス分野について力を入れて勉強して貰えれば良いと思います。

 

 

 

社会福祉士

 

介護福祉士の資格を所持している人は、試験で福祉サービス分野の15問が解答免除されていますのでそれ以外の試験勉強をする事になります。

 

倍率は全体の1割合も満たず3%程度だと言われています。

 

社会福祉に関する知識や経験はかなり所持しているというのですが、介護支援というケアマネージャー分野の知識は僅かというのが現状の様ですので全般的に力を入れて勉強する必要が有ります。

 

更に医療サービス分野はよく勉強する事が必要です。

 

保有している資格によって行っている仕事も様々だと思います。

 

ケアマネージャー試験ではその保有資格とキャリアが受験資格として盛り込まれています。

 

その職種によって試験勉強する内容もなると言えますので、職種別試験対策を挙げてみたいと思います。

 

 

 

医師(歯医者)

 

医師又は歯医者の資格を所持している人は、試験で医療サービス分野の基礎15問が解答免除されていますのでそれ以外の試験勉強をする事になります。

 

倍率は全体の2%程とかなり少なめですが、これは試験にあたっている人が少ないという事も理由において有るようです。

 

医師の資格を所持している人は医療や介護について実に責任がある仕事をしていると言えます。

 

その為に介護保険制度についても詳しく知っている人が多いですので、勉強面は本当に有利と言えるのではないでしょうか。

 

しかし知識は豊富に有っても介護方法論等の実務に関する事はもろいかもしれませんので、重点的に勉強しておくと良いでしょう。

 

 

 

ナース(保健師、助産婦)

 

ナース、保健師、助産婦等の資格を所持している人は、試験で医療サービス分野の基礎15問が解答免除されていますのでそれ以外の試験勉強をする事になります。

 

倍率は全体の4割とまったく多いです。

 

これは受験人数に比例している事、労働がケアマネージャーの仕事と全然関係が濃い事が理由に言えると思います。

 

ケアマネージャーの試験は知識や実践などが誠に豊富なのでとても有利であると言えます。

 

勉強のポイントは介護保険制度の法律部分に関して重点をおいて勉強をすると良いと言えるのではないでしょうか。

 

薬剤師

 

薬剤師の資格を携帯している人は、試験で医療サービス分野の基礎15問が解答免除されていますのでそれ以外の試験勉強をする事になります。

 

倍率は全体の5%程と本当に少なめですが、受験している人が少ないのが理由の1つに言える様です。

 

薬剤師は医療サービスの知識は豊富にあるというので医療サービス分野の総合問題5問は大丈夫と予想されます。

 

また福祉サービスや介護支援に関しても職種柄理解度も厳しいと言えます。

 

しかし薬剤師という職種柄、介護や医療現場に置いてのキャリアが少ないと言えますので、現場の動きを観察する等、経験を積んでおく事が必要になるでしょう。

 

 

 

理学・作業療法士

 

理学・作業療法士若しくはマッサージ師や鍼灸師の資格を携帯している人は、試験で医療サービス分野の基礎15問が解答免除されていますのでそれ以外の試験勉強をする事になります。

 

倍率は全体の2%程と非常に少ないです。

 

この仕事をしている人達の傾向としてケアマネージャー分野への興味が僅か様に感じますので、それが合格者の少なさに繋がっていると思います。

 

但しケアマネージャーとしての実務に関する部分は職種柄経験が豊富にあると思いますので、勉強ポイントとしては法律部分に関してしっかり勉強すると良いと思います。

 

 

 

ケアマネージャー受験からの流れ

 

ケアマネージャーと呼ばれる仕事をしたり試験を受験するにあたって、その流れが気になる所ではないでしょうか。

 

そこでケアマネージャー試験を受験する所から、その後の流れに付いて挙げていきたいと思いますので、参考にしてください。

 

 

 

受験資格

 

ケアマネージャー試験を受けるにあたって、受験資格が必要になります。

 

「保健分野」「医療分野」「福祉分野」において国家資格を持っている物、業務経験が5年以上かつ900日以上の従事日数を持っている物がその対象になりますので、自分が受験出来るかどうかを確認する必要が有ります。

 

 

 

試験

 

各都道県が指定する法人が主体となってケアマネージャーの試験が行われます。

 

試験内容は介護保険制度に関する事、要介護認定に関する事、居宅サービス計画に関する事等、合わせて60問有ります。

 

受験するにあたって保有資格によって設問数が異なりますので注意して受験してください。

 

 

 

実務研修

 

試験に合格した場合、各都道県が指定する法人が主催する実務研修を受けなければなりません。

 

合格通知と共に実務研修の案内が届きますのでその案内を可愛く見ておきましょう。

 

また研修を受けないと資格が貰えませんので必ず受講し修了証書を貰いましょう。

 

 

 

名簿登録

 

ケアマネージャーとしての資格が取得出来たら、ケアマネージャーとしての名簿登録をやり、介護支援専門員登録証明書が交付される様になります。

 

その後ケアマネージャーとしての仕事が出来る様になります。

 

勤務する場合は居宅支援オフィスや介護保険施設と言った所で勤務する事になります。

 

 

 

更新

 

5年ごとに資格を更新しなければなりませんので、研修にあたって更新する様にください。