ケアマネージャーの仕事

ケアマネージャーの仕事

年1度行われているケアマネージャー試験を通して合格をした場合、ケアマネージャーとしての仕事を出来る事になります。

 

試験に合格したけれどもどういう仕事をするのか分からないという人の為に、いかなる仕事が有るのか見てみましょう。

 

 

 

要介護認定の申請と訪問調査
介護が必要とされた場合には、介護や日常生活に関して様々な支援をして貰う必要が出て来る為に色んな介護保険サービスを利用する事になります。

 

その為には介護や支援が必要だという要介護認定を通してもらわなくてはならず、要介護認定の申請を行う事が必要になります。

 

この申請を代行して行う事がケアマネージャーとしての仕事になのです。

 

要介護認定として認定される為には、各市町村が窓口としてそこで申請する事になるのですが、ケアマネージャーはその申請を代行して行う事が出来ます。

 

各市町村の職員はその要介護認定の申請に対して、ちゃんと要介護認定が必要なのか訪問調査を行います。

 

この訪問調査自体もケアマネージャーが行う場合も在るようです。

 

申請をして訪問調査をすると第一次判定が下されます。

 

 

 

ケアサービスの作成
ケアマネージャーの主な仕事はこのケアサービスの作成になります。

 

要介護認定を受けた場合、その本人とご家族と相談をしながら個々のケアサービスを作成する様になります。

 

色んな状況によってサービスを変えていきますので、絶えず介護に対する知識を求められる事になります。

 

如何なるサービスをどの程度の割合で、予算はこの位でという様に考えながら仕事をして行く事になります。

 

このケアサービスを基に介護サービスが頂ける様になりますので、本当に重要な仕事と言えるのです。

 

 

 

ケアマネージャーの仕事・給付管理、請求

 

介護の仕事に関わる為の資格としてケアマネージャー試験を受ける方法が有ります。

 

試験にあたってケアマネージャーになると、下記の仕事をする事が出来ますのでその内容をご紹介して見ましょう。

 

 

 

給付管理
要介護認定と判定された場合、ケアマネージャーが作成したケアプランを基に色んな介護サービスを受ける事が出来ますが、取り敢えずお金が必要になります。

 

その負担額は利用する側が1割、介護保険からは9割という負担額になっています。

 

この9割部分に関してですがケアマネージャーは給付管理票を各都道府県の国保連に提出するという仕事が有ります。

 

提出された給付管理票と、介護サービスを提供しているオフィスから請求された金額が当てはまる場合に始めて介護保険から事業者に給付金としていただけるという仕組みになっているようです。

 

 

 

ケアマネージャーの仕事はただケアプランを作成するという事だけでは有りません。

 

それに留まらず、そのプランがきちんと実行されているのかという事にまで責任を持たなくてはならないのです。

 

また、ケアマネージャーは国保連に給付管理票を提出するたまにケアプランを作った介護サービス計画費という費用も一緒に請求するのですが、この計画費がケアマネージャーの報酬としていただける事になるのです。

 

ケアマネージャーへの報酬は介護保険から支払われているという事なのです。

 

そういった給付に関する仕事もケアマネージャーの仕事として有るのです。

 

自分のケアプランには最後まで責任を携帯して始める。

 

これがケアマネージャーの仕事なのです。