ケアマネージャー試験の内容

ケアマネージャー試験の内容

何の試験についてもおんなじ事が言えますが、ケアマネージャー試験で気になるのは断然試験内容に関しましてだと思うのですが、出題範囲は「介護支援専門員基本テキスト」というテキストから抜粋して出題されている様です。

 

試験の方式は多岐選択方式、多岐択一方式となっていて問題数は全部で60問になります。

 

出題範囲は介護支援分野は25問有り、保健医療サービス分野は基礎問題15問、総合問題5問の計20問有り、福祉サービスの知識等は15問在るという内訳になります。

 

 

 

しかし、出題範囲に関する国家資格を持っている場合は、その分野の解答免除が適用されますので注意しましょう。

 

たとえば医師や歯医者等、保健医療サービスに関する規程の資格を持っている場合は保険医療サービス分野の基礎15問、総合5問の計20問が免除されますので応じる範囲はそれ以外の40問として解答時間もそこそこ短くなります。

 

また福祉や介護福祉士等、福祉サービスに関する規程の国家資格を持っている場合は福祉サービスの知識に関する15問が解答免除になり、全部で45問解答すれば良い事になります。

 

この他にも解答免除になる資格が有りますので、注意して解答する様にください。

 

 

 

ケアマネージャー試験の倍率についてですが、受験人数全体の大体3割程度の倍率となっています。

 

ケアマネージャー試験が始まった年の試験では4割の倍率を出していましたが、毎年倍率は下がってきている傾向に見て取れるようです。

 

また合格した人の職種を見てみるとナースや介護福祉士の人が多い傾向もあるようです。

 

 

 

ケアマネージャー試験注意事項

 

ケアマネージャー試験を受験するときの注意事項を挙げていきますのでぜひ参考にしてください。

 

 

 

受験票
試験1週間前あたりに受験票が手元に送られてきます。

 

受験票が無いと受験は出来ません。

 

ですからもしも届かない場合には申込書を送った所に問い合わせて下さい。

 

必ず確認をする様にください。

 

 

 

時間
ケアマネージャーの試験開始は午前10時からになります。

 

その前に簡単な注意事項等の説明を午前9時半から行いますので出来れば9時半前に到着する様にください。

 

もしも10時過ぎてしまうと当然受験は出来ない事になりますので時間には余裕を携帯していく様にください。

 

しかし、急性事故や天気の関係で多数の受験者が試験時間に間に合わないと判断された場合は試験当初間を遅らせる可能性もあるので、そう言う状況に陥った場合は慌てずに試験会場に確認をしてみましょう。

 

また、試験開始後半経過したら退出が可能になります。

 

 

 

試験解答
試験の解凍方法はマークシート方式になっています。

 

大前提ですが鉛筆と消しゴムはどうしても携帯して来る様にください。

 

また携帯電話はマナーモードにするのではなく、電源を切っておく様にください。

 

 

 

試験結果
試験を受けたら気になるのが試験結果ですが、合格発表は試験当日に期日が説明されますので忘れない様にメモしておきましょう。

 

大抵の場合は郵送で合否の通知をわたる事になります。

 

また気になって電話で確かめようとする人がいますが、これは応じて貰えない様なので気を付けて下さい。