ケアマネージャー試験の受験資格

ケアマネージャー試験の受験資格

介護支援専門員実務研修受講試験と何となくむずかしい名前の試験を知っているでしょうか。

 

これはケアマネージャーの試験の事を指しているのですが、このケアマネージャーの資格、誰でもいただけるという訳では有りません。

 

試験を受ける為には受験資格を持っている事が前提になりますので、その受験資格を以下に挙げてみたいと思います。

 

参考にしてください。

 

 

 

国家資格の保有者
国家資格も「保健関係」「医療関係」「福祉関係」の国家資格を持っている人はケアマネージャーの試験を受験出来る資格を持っています。

 

 

・医師、ナース、准ナース、助産師、歯医者、薬剤師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、きゅう師、はり師、作業療法士、理学療法士、栄養士、保健師、便宜士、介護福祉士、精神保健福祉士、歯科衛生士、義肢装具士、言語聴覚士、視能訓練士等
順不同に書きましたが以上の資格を持っている人は受験資格の該当者になります。

 

 

 

キャリア
「保健関係」「医療関係」「福祉関係」のキャリアが5年以上もしくは900日の従事日数がある方には受験資格が与えられます。

 

ただしこれには苦しい条件が有って、たとえば薬剤師の方の場合、薬屋という薬剤師が活躍出来る現場で5年以上900日の従事日数を満たしていれば受験資格が与えられますが、薬剤師もどっかの企業で研究室に勤めている場合は例え5年以上900日の従事日数が有っても受験資格は与えられない事になりますので注意して下さい。

 

 

 

ケアマネージャー試験申し込み

 

年1回だけ、ケアマネージャーの試験は行われています。

 

他の国家試験と違って毎年試験日が定められていない為に試験日が異なります。

 

とはいうものの大抵は毎年10月に実施されているようです。

 

但し、稀に移り変わる事も有りますので試験日等は各都道府県の介護保険部署に問い合わせをして確認をしてください。

 

ケアマネージャーの試験日は全国統一されています。

 

但し、受験申込期限は各都道府県によってことなる為に事前に調べておく必要が有ります。

 

 

 

試験の申込みをする際ですが、ケアマネージャーには受験資格が見て取れる為に試験を頼む段階でその資格が有るかどうかを証明する書類の提示が必要になります。

 

資格を持ち歩いている人の場合はそれを証明する資格ライセンスを提示する。

 

キャリアが5年以上ある場合にはキャリアライセンスという書類を用意して提示する様にください。

 

ケアマネージャーの試験を頼む時ですが申込用紙に不備が有った場合、丸々返送されてきて申込み受付が拒否されてしまいます。

 

その場合は不備を訂正しもう申し込めばいいのですが、申込み期限ギリギリになっている場合は再申込みが出来なくなって仕舞う可能性が有るので、申込み用紙を書く時折慎重に書き、何度か見直す様にしてから頼む様にする事をオススメします。

 

申込書不備の為に受験出来ないのは諦めきれないですからね。

 

その後は申込書を簡易書留で郵送するか、手渡しをするかして頼む様にするのが著名の様です。

 

 

 

ケアマネージャー試験の受験資格内容

 

「保健関係」「医療関係」「福祉関係」の国家資格を持っている事。

 

「保健関係」「医療関係」「福祉関係」のキャリアを5年以上900日以上の従事日数が有る方がケアマネージャー試験の受験資格が在るとみなされ、ケアマネージャー試験を受ける事が出来ますが、その他にも受験資格を持ってる人がいますので、以下に挙げてみたいと思います。

 

 

 

「保健関係」「医療関係」「福祉関係」の国家資格を持っていない人の場合、ケアマネージャーの資格を持てないのではないかと思われがちですが、持っていなくても受験資格を得る場合が有ります。

 

 

 

・特別定められている相談援助業務で働いている方で、その業務のキャリアが5年以上900日以上の従事日数が見て取れる場合
・国家資格ではなくても「便宜主事任用資格」「ホームヘルパー養成研修2級」を持っている人で、かつ相談援助業務に1年以上勤務した事が在る人、かつ介護の仕事のキャリアが5年以上900日以上の従事日数が有る場合
・上記に該当しない場合それでも、介護等の業務に従事している期間が10年以上、従事日数が1800日以上の人。

 

 

 

上記に該当する人はケアマネージャー試験の受験資格が得る事になりますが、キャリアを積んだ施設やその期間、働いた日数等は細く挙げなければなりませんので書きだしておく様にください。

 

また自分が該当するかどうか分からないという場合は、各都道府県の担当者に問い合わせして確認をしておく事が必要です。