ケアマネージャーの将来性

ケアマネージャーの将来性

ケアマネージャーの資格は根っから1種類しか有りませんでした。

 

但し介護保険制度の改正で地域包括支援センターと呼ばれるものが2005年に生まれた際に新たに「主任ケアマネージャー」という資格が目立ち、今は2種類のケアマネージャーの資格を試験にあたって食べる事が出来ます。

 

主任ケアマネージャーの資格が増えた事で今までよりステップアップしたケアを待ち焦がれる事が出来るので、通常のケアマネージャーより更に専門的になります。

 

この様にケアマネージャーの資格は介護保険制度が毎年変わっている事もある事から、今後も発達して行く可能性が有る資格になっていますので将来性が有るのではないかと思うのです。

 

 

 

介護保険が適用されるのは何も高齢者の方ばかりとは限りません。

 

若い人だと特定疾病等で要介護になった40歳代の人もいるのです。

 

この様に若々しい世代から高齢者世代まで広い年代の方とケアマネージャーは付き合っていかなくてはならない為に、介護や障害者福祉についても詳しく知っておかなくてはならなくなります。

 

介護保険の中には障害者支援と呼ばれる分野が有り、「精神障害者」「身体障害者」「知的障害者」という分類に激しく分かれる事になります。

 

今はこの障害者福祉と介護保険制度は別として考えられていますが、現実は別で考える事はあんまり出来ない部分もあるようです。

 

将来的にははからずも障害者福祉の部分も含めた専門のケアマネージャー試験も出来るかもしれませんね。

 

この様にケアマネージャーはまだまだ発展して出向く将来性がある資格と言えるのです。

 

 

 

ケアマネージャーの試験は受験年度によって変わってくる

 

ケアマネージャーになる為の試験においては毎年試験内容が少しずつ変わっていっている様です。

 

何故なら毎年法制度が変わったり新たに生まれたりしているからなのです。

 

その為に毎年勉強する内容を変えなければならないという事になりますので、極端に言うと毎年勉強する内容は新しくしなければならないという事になるのです。

 

ですから、ケアマネージャーの試験を受けるときどきその年の試験に合った教材を使う事がコツになるのです。

 

 

 

ケアマネージャーの試験勉強をする上で、法改正によって変更され易い部分が法制度になります。

 

そういった法制度は変化を積み重ねるもので、毎年法制度が生まれたり、現行の法制度が改正されたりという事が行われています。

 

大抵の場合、そうして変更された部分はケアマネージャーの試験に出題わたる傾向にありますので、どうしても勉強しておいた方が良い部分になります。

 

では、法制度の創設・改正部分だけ勉強すれば良いのかと言うとそう言う訳でも有りません。

 

そういった情報収集を行う事は必ず必要になりますが、今まで当たり前として使っていた保健医療や福祉サービスにおいての疾患名や障害名称やケア名等が変更になったり、追加されたりする事も有るのです。

 

たとえば以前までは「痴呆症」という様に呼ばれていた名称が今後は「認知症」となるという様にです。

 

そう言う知識も絶えず情報として入れておかなければならない為に、ケアマネージャーの勉強は常にしておかなければならないのです。

 

 

 

ケアマネージャーを目指したいなら

 

ケアマネージャーを目指しているのであれば、ケアマネージャーの試験用のテキストをご覧になった事はあるでしょうか。

 

想像は出来ないでしょうが基本テキストだけで全部で4冊、2000ページ以上にもすり抜けるもの素晴らしいボリュームが有るテキストになっています。

 

またケアマネージャー試験用の通信講座も有りますが、その受講料も40,000〜50,000円程しますので高額だと言えるでしょう。

 

何故意外と感じ取る事も有り受講料も高額加わるのかと言うと、さすがケアマネージャーの仕事の重要性が高いからだと言えます。

 

ケアマネージャーの仕事は要介護認定を受けた人、またはそのご家族からの依頼によってその人達に当てはまる適切なケアサービスを立てる仕事になります。

 

これからの高齢化社会についてケアマネージャーの要望は高まりを見せつける事が予想されます。

 

ただしその為にかなりのボリュームの勉強量と費用はなんとなく大変し、本業と勉強の料率も大変だと見まがうでしょう。

 

けれども「絶対にケアマネージャーの資格が欲しい」と熱意がある人もたくさんいるのです。

 

 

 

世の中には色んな勉強方法が有ります。

 

先程も挙げた通信教育、テキストを購入しての独学、インターネットを調べると起こる勉強のコツの様な情報等はなはだ様々有ります。

 

大変だと思っていても熱意がおっきいと勉強は進んで現れるものだと思うのです。

 

目的を所持して勉強をする事で自然とコツも掴めてくると思いますので、ぜひ頑張ってケアマネージャー試験に合格する様に自分なりの勉強方法を見つけて頑張って下さい。