ケアマネージャーはどんな人に向いている仕事なのでしょうか

ケアマネージャーはどんな人に向いている仕事なのでしょうか

どういう仕事もそうですがケアマネージャーという仕事にも適性があると思います。

 

当然試験に合格さえすればケアマネージャーにはなれるのですが、試験だけでは適性は分からないと思います。

 

ではどんな人がこの仕事に向いていると言えるのでしょうか。

 

 

 

ケアマネージャーの主な仕事としては、要介護認定を受けた本人、またはそのご家族から依頼された場合に、相談をしながら介護ケアコースを決めていくという仕事になります。

 

ケアコースは自分の独断によって形づくるのではなく、要介護者本人の希望、その家族の希望を相談しながら的確に判断し、その人達に必要かつ合っている介護サービスを選んであげコースを作っていかなくてはなりません。

 

その為にはなはだ責任がきつい仕事になりますので、冷静に的確な判断が出来る人が向いているというのです。

 

また相談しながらコースを作成していくという事で、人とのコミュニケーションが充分に取り去れる人、共和を重んずる人、人と接する事がスキな人が向いているのではないかと思うのです。

 

 

 

ケアマネージャーの資格自体は試験を受ける事で取得出来ますが、各都道府県が実施している実務研修試験を通して合格する事、合格後に受ける介護支援専門員実務研修を修了する事が条件として取得出来ます。

 

ケアマネージャーは高齢者や要介護者のケアコースを作成する事が行える人を育成する為に作られた資格になりますので、医療・保険・福祉分野の資格をもう取得している人で別途知識を深めたい、ますますその仕事に従事したいと考えている人に向いている資格ではないかと思います。

 

 

 

ケアマネージャーに必要な事

 

これから高齢化社会になっていくと予想されています。

 

その社会に向けて注目されている資格がケアマネージャーという資格で、今後更なる注目が予想される資格です。

 

ケアマネージャーは度必要としている人と、介護に関する保健機関、クリニック、福祉機関で行われているサービスとを結んでいただける仲介的役割を果たしている仕事になります。

 

各種サービスを利用する方と真剣に向き合って相談にのり、その人がきちんとした生活を送れる様にサポートをする事を目的とする、かなり責任が見て取れるそうしてやりがいのある仕事ではないかと思います。

 

では、そんなケアマネージャーに必要な事、求められている事とは一体どんな事が在るのでしょうか。

 

 

 

ケアマネージャーの資格は今までに弱いタイプの資格になります。

 

それはケアマネージャーの試験を受ける為には医療・保健・福祉という分野において資格と5年以上のキャリアが必要だという位スペシャリストになるという事です。

 

それほどする事で複雑な介護保険制度を理解してケア介護の種類や計画を作成するリーダー的存在となるのです。

 

つまりそれぞれ異なる試験にあたって資格を有するケアマネージャー達が自分達の知識や資格を生かしながらケア介護の種類や計画を作成する事で、色んな視点からケア介護の種類や計画が作成出来る様になるのです。

 

また法改正が終始向き合う分野も有りますので、情報を日々頭に入れながら把握し、そして利用者にとってとりわけ信頼がおけるケアマネージャーになる事、それが必要になる事、求められている事なのです。

 

 

 

ケアマネージャーが貰えるお給料

 

一生懸命勉強を通してケアマネージャーの試験を通して資格を食するのであれば、ケアマネージャーの仕事をしたいですよね。

 

すると気になるのがお給料や待遇面だと思うのです。

 

ケアマネージャーの仕事は介護保険制度に従事している仕事の中けれども更に重要であり、誠に遣り甲斐がある仕事だと思います。

 

但し、遣り甲斐があってもお給料が安ければ生活は出来なくなります。

 

だからお給料面がしっかりしているかどうかが気になる事だと思うのです。

 

 

 

ケアマネージャーのお給料面については、経験年数や地域、時代によってもそこそこなるとは思うのですが平均的に見て20〜30万円位が多いみたいですし、ボーナスは2.2〜2.5ヶ月分位が多い様です。

 

また年収の時価は男性のケアマネージャーで420万円程、女性のケアマネージャーで360万円程に繋がるアンケート結果も出ています。

 

 

 

とはいうものの実際にはケアマネージャーだけの仕事でお給料を貰っている人はいない様なのです。

 

何故ならケアマネージャーで貰える賃金はお給料という形ではなく、ケア介護の種類や計画を考える事での作成報酬という事だからです。

 

つまり毎月固定した数のケア介護の種類や計画が作成出来る訳ではなく、安定したお給料を見込めないからなのです。

 

ケア介護の種類や計画作成ひとつに対して報酬は平均10000円〜100005千円位としています。

 

ですから大半の人が試験の受験資格にもなっている各分野の資格において、ナースや介護福祉士の仕事と兼任している様なのです。

 

ケアマネージャーの仕事は本業と言うよりは、副業という感じで仕事をしている人が多いのが現状の様です。