ケアマネージャーと言う資格と仕事

ケアマネージャーと言う資格と仕事

ケアマネージャーという資格が有りますが、この資格は介護支援専門員の事を指していて、福祉系資格試験を受験して取得する資格になります。

 

このケアマネージャーという資格は2000年4月に始まった「介護保険制度」という制度によって認定された「要介護者」「要支援者」の人達が、その人に合った介護サービスを受ける事が出来る様にケア介護の種類や計画を作成する必要があります。

 

このケア介護の種類や計画を考え、何が出来るかを探ることができる資格の事を指しています。

 

つまりケア介護の種類や計画を決めるスペシャリストになるのです。

 

なぜケアマネージャーの資格が必要なのかと言うと、新たに始まった介護保険制度の仕組みがひどく複雑で分かりにくいのです。

 

仮に急に介護が必要になった人が身内に出てしまった場合、一気にクリニックに入れてくださいとお願いしても受け付けてくれないのです。

 

クリニックは病院とはことなる施設の為に、介護種類をちゃんと作ってもらった上でないと介護が出来ないのです。

 

その介護種類を作る為にケアマネージャーという資格が必要になるのです。

 

これから高齢化社会になっていくという事も有り、ひときわケアマネージャーの存在が必要になってくる事になります。

 

その位ビッグイベントになる訳ですから、簡単に出来る仕事ではないという事になります。

 

資格を取得する為には医療関係の国家資格を持ち歩いていて有る一定条件を満たしている等、受験資格を持ち歩いている人が試験を通して合格する。

 

これが必要になるのです。

 

ですから徹頭徹尾医療とは関係ない人がなりたいから試験を受けるという事は簡単には出来ないのです。

 

 

 

ケアマネージャーと言う仕事

 

将来超高齢化社会を迎える事が予想されるにあたって、介護を受ける人も今後急速に増えてくると思われます。

 

この状況に揃える様に国全体で介護に対する考え方を変えていこう、介護を支えていこうという考え方のもとに2000年4月に介護保険制度がスタートしました。

 

この事を受けてケアマネージャーという仕事が注目浴びる様になりました。

 

ケアマネージャーの資格を携帯している人は如何なる仕事をするのかと言うと、介護保険制度によって要介護認定を受けた人、またその家族から依頼によって、いかなる介護方法を取ったら要介護者側にベストな状態になるのか、本人を交えて要介護者側とよく相談してケアコースを立てて出向く仕事になります。

 

ケアコースの事例としては「週1回リハビリを行う為に施設に通う様にする」「週4回1回3時間、ホームヘルパーを訪問介護事業者から要介護者宅へ派遣して貰ってヘルパーをして貰う」という感じになります。

 

要介護度によって介護がいただける金額の限度額が変わってきますので、その範囲内で鎮まる様にどの様に介護を通していったらいいのかコースを決めていく様になります。

 

 

 

介護保険制度が始まるまでは、介護認定をする事もケアマネージャーの仕事となっていましたが、制度が始まってからは最初の介護認定に限って各市町村の職員が認定する事になっています。

 

その後の更新認定は各市町村の職員および、委託されたケアマネージャーが行う様になります。

 

ケアマネージャーの仕事はこのケアコース作成だけでなく、各施設に連絡したり調整したりと多岐に渡るのです。

 

ケアマネージャーの資格を取得する為には試験を受けなければならず、試験に合格して始めてケアマネージャーの仕事をする事が出来ます。