求人募集広告の内容をチェックしようその6

求人募集広告の内容をチェックしようその6

多少なりともそれ以上の時給が見込めると思って大丈夫だと私は思われる。
自分がその職業、仕事の経験者に当たる場合は、あなたが、例えば、以前、コンビニエンスストアで数年間、アルバイトをしていた経験があるとしよう。

 

別のコンビニエンスストアでアルバイトをしたいと、今回、求人募集広告で職業、仕事を探しているとします。

 

求人募集広告に書かれている時給より、そうなると、少しは高い時給がもらえると思って良いと言うことだ。

 

これを決めるのはあくまでも採用側だ。
ですが、雇われる側が勝手に、私達、「自分は経験者なので、900円ではなく、時給950円はもらえるだろう」と勝手におもい込んでしまうのも問題がある。

 

自分で一方的に判断しないようにしたいところだ。
あくまでも企業側が決めることなので、「未経験者以上にもらえるかもしれない」と言う程度に留めておくほうが良いかもしれませんね。

 

ですから、自分の希望時給より安いからと言って、ただ、求人募集広告を読んだだけで、平易に諦めることがないようにしたいだ。

 

もったいないことですから。
それ以上もらえるかもしれないのに、面接前に、もし、先立って知りたければ、直接、担当者に電話して時給について確認すると良いと思われる。

 

自分の職歴を話しておきましょう。

 

その際、求人募集広告に固定給や、又、歩合給等が合算されている場合もある。

 

入社してからしばらく、このような場合は、思ったような金額の給料がもらえない場合がある。