人材派遣の今後

人材派遣の今後

現在の人材派遣業界は様々な問題を抱えてあり、今後どのようになっていくのかと不安になっている人も多いでしょう。

 

これからの派遣について考えてみましょう。

 

その前に派遣社員と正社員との違いは何でしょうか。

 

企業にとっては同じように作業をしてもらいますから、その面での違いはありません。

 

違いは賃金にあります。

 

ボーナスなどの支給や昇給などを図る必要がないのです。

 

全体として、会社の経費を浮かすことができるのです。

 

このような状態ですから、現在の派遣社員というものはなく変わるはずはありません。

 

ただし、社員本人からしてみれば安い賃金で働かされているだけとなります。

 

雇用関係は人材派遣業を行っている会社ですから、賃金交渉などもその会社との間で行わなければなりません。

 

派遣社員の問題は派遣労働者がもろい立場に置かれていたことにあります。

 

これからの法律の改正は労働者の立場を続けるという観点に立ったものになるはずです。

 

現在は認められていても今後認められないというケースも顕れるということです。

 

派遣労働者の待遇は改善されていくでしょう。

 

ただし、正社員もおんなじことだが派遣労働者それでも技術力を有する人、やる気のある人がどんどん給料が大きいということは間違いありません。

 

企業にとっては派遣労働者に賭ける費用が厳しくなれば、相対的に正社員の給料を引き下げることになります。

 

だんだんと、正社員と派遣社員の差が少なくなっていくということです。

 

あっという間にそれが変化することはありませんが、正社員、派遣社員、パート社員などのいろいろ雇用形態が混在して、会社を作ることになるのです。