終身雇用と人材派遣

終身雇用と人材派遣

終身雇用制度と言うのは日本の高度成長期を支えてきた雇用体系の仕組みです。

 

これにはその時の社会的な状況が著しく関わっているのですが、現代ではそれがだんだん崩れてきていると言われています。

 

その一つの理由は人材派遣による派遣労働者の増加です。

 

派遣労働者は派遣先における雇用ではありませんから、終身雇用とは一向に別のものになります。

 

また、人材派遣会社との契約は派遣先が決まってからの締結ですから、常に雇用不安があるという状態なのです。

 

終身雇用とは全く逆の状態と言えるでしょう。

 

日本の終身雇用が高度成長を支えてきたのですから、その崩壊は日本人の会社勤めに対する考え方を変えて仕舞うものになります。

 

多くの人は安定した雇用を憧れます。

 

ただし、現代の若者は不況のせいで最初から人材派遣会社への登録をしている人もいるのです。

 

一度も安定した雇用を体験することがないのです。

 

労働者としてそのような状況はそれほどよくありません。

 

愛社精神を持つための対象が弱いということになります。

 

社会全体が愛社精神を持たなくなってしまったら、どうなるのでしょうか。

 

自分たちが作り出している製品やサービスなどに誇りを携帯していることができるでしょうか。

 

それができなければ、無論モチベーションが下がり、品質の低下を導くのです。

 

これからの人材派遣というものは雇用環境がよく罹る方向ではありますが、どのような形で落ち着くのかはハッキリわかりません。

 

あなたも自分の技術力をアピールできるように資格などを取り置くことがいいですね。