ソフトの人材派遣

ソフトの人材派遣

人材派遣の職種としてソフトウェアの開発があります。

 

このような職種の場合は開発のためのノウハウが必要となりますから、かなりの長期雇用となります。

 

ですから労働者派遣法においては期間に制限が薄い職種として定義されています。

 

多くの人はソフトウェアの開発以外の人材派遣となっています。

 

但し、派遣期間に制限が乏しいことから実際の業務はソフトウェアではないのに契約上だけはソフトウェアの開発業務としている企業がたくさんあると推定されています。

 

勿論、このような状況は違法です。

 

各都道府県にある労働局もその状況を認識していますから、立ち入り調査などが行われて業務改善命令が出されることが多いのです。

 

労働者にとっては派遣の期間が長く罹ることは雇用の安定につながりますから宜しいことのように思えます。

 

但し、その間の昇給などがないのですから長い目で見ると不利にのぼるのでしょう。

 

人材派遣における様々な問題は未だに解決しているとは言いがたいようです。

 

労働者派遣法の改正が行われていますが、それも後追い状態です。

 

労働者が働きやすい社会というものが理想的な社会です。

 

そのためには労働者本人が積極的に業務を果たすことは大事なのですが、派遣元や派遣先の企業が法律の趣旨を十分理解して対応しなければ現実は困難なのです。

 

労働局からの指摘を受ける前に自主的な改善が出来ること、それが大事なことなのです。

 

人材派遣会社はたくさんあります。

 

あなたが派遣社員であれば、派遣会社の選択にも注意が必要なのです。