人材派遣と農業

人材派遣と農業

日本においては農業を営む農家の人材不足が深刻化しています。

 

就労者が高齢化しているという現状があるからです。

 

若い人たちは農業を継ぐこと無く、都会に出歩く傾向は今も変わっていません。

 

こうした中で農業の人材派遣というものがクローズアップされてきました。

 

農業経験者であれば人材派遣として需要と供給があるということです。

 

最近は大手の人材派遣会社が農業の分野に進出するというニュースもありました。

 

これからも農業の人材派遣は多くなっていくと考えられます。

 

日本人は勤勉なのですが、農業のような職種が若い人たちには敬遠されています。

 

その代わりとして外国人の派遣労働者が増えていると言われます。

 

言葉の壁はあっても農業においては必ずしも難しくないということでしょう。

 

当然、農業経験者であることが一番の条件です。

 

今までの農業は農家の個人経営がほとんどでした。

 

ただし最近では個人で行うのではなく、会社という組織を作って農作業を行なうところも増えてきているのです。

 

こうした企業に対して派遣労働者を提供するということになります。

 

短期間の農作業の手助けがいることは非常に有効だと考えられています。

 

農業の分野では職安などへの求人をしても簡単に見つからないことも多いのです。

 

また、見つかったとしてもその技能のレベルがわかりません。

 

こうしたことを考えていくと、それをすべてカバーできる派遣会社のメリットが広いのです。

 

農業における派遣労働はこれから人気を集めるのかもしれませんね。