人材派遣の契約書

人材派遣の契約書

派遣社員を雇う時には雇用契約書を交わさなければなりません。

 

労働基準法によってその契約書に記載しなければならない事項が定められています。

 

必ず明示しなければならない事項として、雇用契約期間の有無があります。

 

その人材派遣が短期なのか不定なのかということです。

 

期間があるときどきそれも明示しなければなりません。

 

そしたら、就業場所と従事する業務内容です。

 

そうしたら、始業、終業時間、休憩時間も明記が必要です。

 

また、休日や休暇と残業の有無もあります。

 

賃金の決定、支払い方法、昇給などもあります。

 

そしたら賃金の締結日と支払日、最後に退職関する事項です。

 

このように労働者に対して会社側が明確にしなければならない事項がたくさんあるのです。
勿論すべての会社がこれを守らなければなりません。

 

そうして、労働者派遣法によって定められている事項が別にあります。

 

派遣労働者についてはその規定が重要となるのです。

 

従事する業務の内容、事業所の名称と所在地、派遣期間などです。

 

派遣労働において問題となりやすいのは従事する業務の内容です。

 

これによってさまざまな制限がある職種かそうでないかが向かうからです。

 

また、派遣労働者の安全衛生については法改正によって、派遣元と派遣先の双方において労働者に配慮することが義務付けられています。

 

派遣労働者はその雇用形態から考えて、終始弱い立場に立たされることが多いのです。

 

こうした雇用条件で労働者を守って受け取るのは法律しか無いということなのでしょう。

 

人材派遣に関する法律はこれからも改正されていくと予想されます。