請負と人材派遣

請負と人材派遣

請負と人材派遣の違いについて十分理解しておく必要があります。

 

その扱いを間違うと労働者派遣法違反ということになるからです。

 

請負とはある業務を別の会社に依頼することです。

 

それは会社が業務を委託しますから、その作業をする人は委託先の指揮命令の元に作業をします。

 

それに対して、人材派遣は人材の提供を依頼しているのですから、派遣先が指揮命令をするのです。

 

どちらも労働者と雇用関係にあるのは委託先です。

 

派遣社員ではない人にいろいろな仕事の指示をしてはいけないということです。

 

これは外注先と元会社がおんなじフロアーにいるたまに非常に整理が難しくなります。

 

従って、その混乱を遠ざけるためには別の階にするとか、別の部屋にするなどの対応が必要になります。

 

せめて目の行き着く範囲にいては指示をしていませんという言葉は実態を伴っていないと解釈向かうのです。

 

これがいわゆる偽装請負ということです。

 

このような事態を遠ざけるためには派遣社員とすることが一番です。

 

派遣社員であれば正社員とおんなじ扱いをして済むのです。

 

但し、派遣社員の契約期間には制限があります。

 

それは3年間です。

 

それを越えて派遣を継続することはできないということなのです。

 

また、この他にも派遣社員としてさせてはいけない業種というものもあります。

 

いろいろな法律の制限がありますから、自社で請負や派遣などを行っている場合は十分調べておくことが必要です。

 

そうでなければ会社としてコンプライアンスに抵触するということになるのです。