人材派遣の禁止

人材派遣の禁止

労働者派遣法によって人材派遣を行って良し業種と、禁止されている業種があります。

 

その禁止されている業種について考えてみましょう。

 

そもそも労働者派遣法では多くの業種での人材派遣が禁止されていました。

 

ただし、法改正によって禁止陥る業種が少なくなっています。

 

それは人材派遣というものが社会の中で著しく広がってきたからです。

 

たった禁止しているだけでは、違法状態で派遣が貫くことが懸念されたために、禁止するのでは無く許可した上で合法的な労働者の保護を考えていこうという考えに変わったのではないかと推測されます。

 

現在でも禁止されているものは港湾運送業務、建設業務、警備業務、医療関係業務、人事労務業務、士業、管理建築士の業務となっています。

 

それぞれ内容は違いますが、考え方としてはその業界における重要な仕事に対した部分になっています。

 

その業務に始めるためには資格や免許が必要なものがほとんどとなっています。

 

また、人材派遣を利用するにはおかしい業種と考えていいでしょう。

 

港湾労働業務と言うのは船の荷ものの輸送に関する業務ですが、これは港湾労働法という法律との関係によるものです。

 

この業種については厚生労働省が雇用の改善などの対策を行っているのです。

 

これらの禁止されている業種はその仕事のみですから、おんなじ職場にいても派遣社員が可能なケースもたくさんあります。

 

しかし、そのようなケースでは派遣社員が立ち向かう作業を明確にしておく必要があります。

 

つまり、業種が制限されているということです。