外国人と人材派遣

外国人と人材派遣

最近は日本でも外国人の労働者が増えてきました。

 

人材派遣業者から現れる外国人の派遣社員が多くなっているのです。

 

人材派遣における外国人について考えてみましょう。

 

派遣社員としては日本人も外国人もおんなじ扱いになります。

 

但し、外国人ですから日本語が話せなかったり、生活習慣が違ったりすることがありますから、日本人とおんなじレベルでの作業を期待するのは難しいようです。

 

これは派遣社員だからと言うことではありません。

 

労働者派遣法が改正陥るまでは製造業への人材派遣は禁止されていました。

 

ただし、製造業への人材派遣が許可されたことから、その業種への外国人の派遣社員が増えてきたとみられます。

 

人材派遣は事業を営む上でなくてはならないものなっています。

 

外国人労働者も不可欠な存在なのです。

 

よって、派遣先としても外国人を賢く活用していくことを考えなければならないのです。

 

外国人の派遣社員の場合は一人で日本に訪れるケースよりも家族でくることが多いようです。

 

それらの事情は会社の中それでは断然考慮する必要はないかもしれませんが、長く仕事をしてもらおうと考えているのであれば、把握しておいた方がよいでしょう。

 

日本人はほとんどが勤勉ですが、外国人は考え方が違っているようです。

 

中には勤務態度が非常に乏しい外国人もいるのです。

 

そのようなケースは契約をやめることになりますが、外国人としても仕事をするために日本に来ているのですから、努力やるものですね。

 

外国人を雇う時にはやっぱり言葉の壁が一番の問題のようです。