倒産と人材派遣

倒産と人材派遣

会社の倒産と言うものは社会が不景気になってくると、一向に増えてくる。

 

現在のように企業が自己防衛のために派遣切りをするようになると、人材派遣業者の経営を直接的に圧迫してしまいます。

 

派遣労働者本人も大変なのですが、人材派遣会社も倒産してしまうところが増えて来る。

 

人材派遣業の倒産の数は2008年に急増しています。

 

これは派遣切りが社会問題となった時期に重なります。

 

人材派遣会社は派遣の求人がなければ経営が成立しません。

 

また、人材派遣会社というものが依然真新しい業種であることから、2008年に倒産した会社の統計を見てみると、半数以上が10年未満で倒産していることがわかっています。

 

社会全体が不況になると、仕事がなくなりますから、正社員よりも派遣労働者が先に影響を受けてしまう。

 

これからの社会においてはこのような状態にならないような仕組みが必要でしょう。

 

そうでなければ、派遣労働者の立場があまりにもくらいすぎるのです。

 

景気が宜しい時は安い賃金で働かされてあり、不景気になったら真っ先に失業してしまうのです。

 

人材派遣会社に勤めている人の話です。

 

人材派遣会社が倒産した時には、その会社が契約をしていた会社に対しての仕事チャンスであると考えています。

 

派遣労働者が急にいなくなるから、派遣先としては迷うのです。

 

おんなじ人材派遣業を営む会社にすれば明らかにチャンスということなのでしょう。

 

求人があっても派遣会社の倒産はあります。

 

そこで手早く対応することが成績を引き伸ばすことに罹るのです。