人材派遣の更新

人材派遣の更新

人材派遣による労働者は企業との間で短期間の雇用契約を結びます。

 

大手人材派遣会社では3カ月毎の更新ということが一般的になってしまっているのです。

 

但し、実際には3カ月での仕事と言うものはたまたま、会社側は長期の雇用を想定しているのです。

 

これまずは労働者側が不利に変わることは明らかでしょう。

 

このように現代の派遣労働法には問題点が多いのです。

 

派遣労働者を受け入れる企業の体質が変わってきているということもあるでしょう。

 

年功序列や愛社精神と言ったものは派遣労働者に求めているわけでは薄いということです。

 

専ら人件費の面だけで人材派遣を利用しているのであれば、それは会社としての競争力の低下や品質の低下を導く恐れがあると指摘する人も多いようです。

 

また、高度な技術や技能の継承ということを考えた場合には派遣労働者は適していないということも明白なのです。

 

現在は過渡期でもあり、その問題点が出てきていません。

 

ただし、これから10年後を考えた時にその問題が一気に噴き出して仕舞うことを考えておきましょう。

 

あなたが派遣先の企業なのであれば、真剣に考えておくことが大事なのです。

 

派遣労働者を前提とした雇用体系はいつか崩壊するのです。

 

派遣社員としては正社員への登用を期待して、一生懸命動くかもしれません。

 

但し、そのことが逆に正社員が必要無いという結果になってしまっているということも事実なのです。

 

派遣社員の働きと、会社の利益が相反しているということになるのです。

 

派遣社員の更新においてはこのような問題があるのです。