求人募集広告の内容をチェックしようその2

求人募集広告の内容をチェックしようその2

販売なら販売だけにこだわっていても、又、職業、仕事を探す範囲が狭まってしまいますから、もし、可能ならば、自分がやっても良いと言う職種が複数あると職業、仕事も探し易いと思われる。

 

販売だけでなく、例えば、営業も事務も出来るのなら、それだけ求人の枠が広がる。

 

求人募集広告に販売とだけ書かれていても、又、一体、何の販売なのか、業務内容も理解しておいたほうが良いだろう。

 

または、店頭に立って販売するのか、家等を訪問販売するのか、企業を回って営業販売するのか、販売と言ってもいろいろある。

 

品物を販売する職業、仕事もある。
来たお客さんを相手にして、セールスとして一軒一軒、又、アポなしで訪問する職業、仕事、所謂、押し売りみたいな職業、仕事もある。

 

天と地の差があると思われる。
これらの業務の間には、店頭販売なら出来るとおもいますが、私は、アポなしで訪問して販売業務をすること等、絶対に出来ないタイプですからね。

 

最近ではカタカナで書かれた職種が出てきていますから、又、何のことかわからないまま、理解しないまま、応募することはやめましょう。

 

事前に電話で確認してみることも良いだろう。

 

時間も無駄になってしまっている。
面接に行ってから初めて知るとなると、求人募集広告をまとめたフリーペーパー等は、又、時々、アドバイスのような内容の掲載事象がある。

 

時々、そこでききなれないカタカナ職種について説明していることもありますので、読んでみるのも良いと思われる。