求人募集広告の内容をチェックしようその3

求人募集広告の内容をチェックしようその3

職業、仕事に就いたときの自分の立場が、次に、求めているものと同じか確認しよう。

 

正社員なのか、立場とは、パートやアルバイトなのか、または、派遣と言う選択もあると思われる。

 

契約社員と言う立場もある。
又、言葉がいろいろ使われており、なかには、正社員だけでなく、準社員や嘱託社員等と言われる場合もある。

 

求人募集広告を出している企業に電話をする等して子細を聞いたほうが良いだろう。

 

その実情がわからない場合は、「雇用契約」と言う呼び名ではなく、ここで気をつけた方が良いとおもうことですが、求人募集広告に「請負契約」と言う名目で書かれていたり、「業務委託契約」と書かれていたりしないかチェックすることだ。

 

なぜ気をつけなければならないのだろうか?請負契約と言うことは、これらの呼び名は、発注者と請負業者との間で、契約が交わされることになる。

 

つまり、受注者、あなたが、発注者、つまり、会社から注文されたある程度の職業、仕事を完了させて、報酬をもらうと言うことだ。

 

業務委託契約とは、又、請負契約と同様の契約内容になりますが、少しちがいる。

 

ある程度の職業、仕事を完了させたことによって、これは、報酬が出るのではなく、ある程度の労務の提供に対し、報酬が出ることになる。

 

業務委託契約と書かれていた場合、求人募集広告に請負契約、もし、あなたがそこで働くとしたら、被雇用者と言う扱いではなくなる。

 

個人事業主の扱いとなる。そうなると、この場合は、勤務時間があらかじめ定められている場合がある。