魅力的な求人募集広告をつくるその3

魅力的な求人募集広告をつくるその3

求人募集広告を載せる場合、ですから、職業、仕事内容は具体的に書くほど、ききめ的だと思われる。

 

その求人を見て、ききめ的な求人情報を発信できたのなら、応募してくる人も増大ますから、その中から優秀な人を選んで採用することが出来ます。

 

応募数が少なかったら選ぶこともままならない具合になってしまうだろう。

 

良い人材が集まるチャンスがないと言えるだろう。

 

「誰でもいいから人が来てくれれば良い」等とおもうことは、会社にとって利益になることはありませんからね。

 

これでは、辛い職業、仕事やきつい職業、仕事で、例えば、あまり業務内容を書きたくないと言う会社も中にはあるだろう。

 

それを最初に出していないと、ですが、「こんなきつい職業、仕事だとはおもわなかった!」と辞めてしまう人が後を立たないと思われる。

 

そのなかに喜びが見出せれば、きつい職業、仕事だが、人はがんばって職業、仕事を続けるものだと私はおもうのだ。

 

その職業、仕事をすることによって、又、「どんな満足が得られるのか」と言うことにも触れておいたほうが良いと思われる。

 

サービス業でしたら、販売業、「一日、立ちっぱなしで辛いけれども、お客さんの喜ぶ顔が見られると幸せな気分になります」等、掲載しては如何だろうか。

 

「お客さんからありがとうと言われることが何よりも幸せです」とか、または、実際に従業員が嬉しいと思ったこと、職業、仕事に対して充足感、満足感、成し遂げ感を得たことをインタビューして、求人募集広告に掲載することも良いだろう。