魅力的な求人募集広告をつくるその2

魅力的な求人募集広告をつくるその2

職業、仕事を求めている求職者が販売業の求人募集広告を見たとき、例えば、その会社でどのようなものを売っているのか、製造会社だったら、どのような商品を作っているのかと言うことに興味があると思われる。

 

サービス業だった場合、または、その会社は具体的にどのようなサービスを売っているのか、職業、仕事を求めている求職者は業務内容について詳しく知りたいとおもうのではないだろうか?職業、仕事を探している人は、その求人情報を見ただけで、何処まで会社に対してのイメージが沸くか、そこが肝心だと思われる。

 

初めて、自分で職業、仕事の内容を具体的にイメージできた場合、その職業、仕事、その会社に興味が沸くのだろうからね。

 

求人募集広告に「販売業」とだけ掲載したとしよう。

 

例えば、「販売業」と言っても、見ている側は、ピンと来ませんよね?洋服の販売をするのか、パンの販売をするのか、車のセールスなのか、または、電化製品の販売なのか、「販売」と言っても本当に多様な職業、仕事がありますからね。

 

求人募集広告に「販売業」と掲載しただけでは、ですから、読み手の興味を引かないことになる。

 

「ブティック店頭で常連にアドバイスをしながらお洋服を売るお職業、仕事です」と求人募集広告に掲載したとしよう。

 

それとは対照的に、読んでいるほうも自分が、そうしておけば、ブティックの店頭に立って、常連に洋服を勧めている様子をイメージすることが出来る。

 

初めて、そして、「この職業、仕事をやってみたいな」とか「なんだかおもしろそうだな」とおもうのだ。