魅力的な求人募集広告をつくるその1

魅力的な求人募集広告をつくるその1

再就職先やアルバイトを探している時に、みなさんは、求人募集広告を良く見るとおもしろい。良い人材が集まるかどうか決まってしまうと言っても過言ではありません。

 

この求人募集広告の書き方ひとつで、まったく魅力のない求人募集広告を出しても、良い求人募集広告には応募が殺到することはもちろんのことですが、人材が集まらないだろうからね。

 

職業、仕事を求めている求職者が興味を持たずスルーしてしまうからだ。職業、仕事の内容がよくわからないような内容の求人募集広告では、そこに掲載されていなければ、職業、仕事を探している人が求めている情報が、その会社に興味も持ちませんし、応募するおもいにもならないだろう。

 

求人募集広告を出す際は、ですから、どのようなことを職業、仕事を求めている求職者が求めているのか把握して、それに添った情報を掲載することをお勧めします。

 

実際に求人募集広告を出そうと思った時、さて、どんな情報を載せたら良いのだろうか?例えば、職業、仕事を求めている求職者はどのようなことを知りたいと思っているだろうか?そんなことは一概にわからないとおもうだろうが、実はそうではありません。

 

働いている人は、今、以前、自分が実際に職業、仕事を探しているとき、求人募集広告を見てどんなところに興味を持ったかをおもい出してみたら如何だろうか?

 

それは、やはりなんと言っても職業、仕事の内容ではないだろうか?もちろん、時給等も大切な掲載事象ですし、休日や待遇等も大切ですよね。

 

そればかりにとらわれることなく、ですが、具体的にどんな職業、仕事をするのか、業務内容を掲載することは、もっと大切だと思われる。