ネットの求人募集広告で注意することその4

ネットの求人募集広告で注意することその4

オンラインで自分の雇用を求める履歴書を載せることが出来るwebもある。

 

採用担当者のみがその雇用を求める履歴書を見ることが出来るような就職webにだけ掲載するようにします。

 

その場合、第三者があなたの雇用を求める履歴書を容易に見ることが出来るようなwebには掲載しないようにしたいものだ。

 

求人募集広告に応募しようとする場合、又、インターネット上に存在する求人募集広告はその会社が実在するかどうか確かめる必要がある。

 

見分ける為に必要なことだ。

 

偽の求人募集広告かどうか、猛烈に面倒なことになってしまっている。

 

安易なおもいで電話を掛けたりすると、やっかいですからね。
電話番号が詐欺集団に知られただけでも、電話帳で会社がちゃんとあるのか調べてみましょう。

 

まず、インターネット以外、ハローページ等でも調べられますし、他の手段を使って、その会社が実在するかどうか調べてみましょう。

 

自分が行ける範囲の場所ならば、もし、営業時間に直接、住所を尋ねていくと良いだろう。

 

はっきりわかりる。
そこに会社があるかどうか、尋ねていけば、偽の求人募集広告を出している会社は住所も偽っている場合が多いですから、一目瞭然だ。

 

ネットでは、又、詐欺の被害情報が流出している場合もありますから、その会社の呼び名で検索してみることもひとつの手だろう。

 

偽の求人募集広告がどうか見分ける方式ですが、又、書かれている文字情報を良く見てみると、英語のミススペルがあったり、誤字脱字があったり、いい加減な情報である場合がある。

 

このあたりは自分でよく確認しておくと良いだろう。