ネットの求人募集広告で注意することその3

ネットの求人募集広告で注意することその3

求人募集広告に大手企業のHPをリンクさせ、それから、いかにもその会社と繋がっているような感じをアピールする場合もある。

 

誰でも出来ることですから、大手企業のHPへのリンク等、このような手口でひっかからないようにしたいものだ。

 

本物の大手企業webだった、 求人募集広告に貼られたリンク先を見たら、それだけで信用しないようにしよう。

 

オンラインで応募するようなシステムがあるwebは、又、また別の注意が必要だ。

 

職業、仕事を求めている求職者個人のブログやHPを見た詐欺師、例えば、または悪徳業者が、その職業、仕事を求めている求職者に直接コンタクトを取ってくる場合もある。

 

偽の求人情報を送りつけてくるのだ。

 

採用担当者と偽って、オンライン応募システムとなっている場合、その応募が、職業、仕事を求めている求職者を巧みな言葉で信頼させ、個人情報を送信させます。

 

直接、又、電話してくる場合もあるようだ。

 

詐欺師はオンラインの送信システムを使って、そもそもならば面接できかれるようなことも、相手に情報を送信させようとします。

 

クレジット カード番号や自分の住所を教えないことはもちろんのこと、例えば、生年月日、既婚、未婚の情報等、絶対に教えてはいけません。

 

そのような情報を送信することは危険だ。

 

それがメイルであろうと、それがファクスであろうと、もちろん、電話であろうと、安易に送信してはいけません。

 

オンライン応募であろうと、又、個人情報は安易に情報提供しないようにしたいものだ。