情報誌の求人募集広告に注意しよう続き

情報誌の求人募集広告に注意しよう続き

過去にありました、ここで、詐欺まがいの話をご紹介しよう。

 

チラシ配りや内職の求人募集広告がある情報誌に掲載されていた。
「誰でも平易に始められる!」と言うキャッチフレーズで、職業、仕事を開始する為には、そこに電話してみると、まず、最初に会社へ保証金を支払わなければならないと言われるようだ。

 

その後は、仕方なくそのお金を支払うと、職業、仕事をまわしてくれないようだ。

 

他にも多様なパターンがあるようだ。
このような内職商法と呼ばれる場合は、大手の求人雑誌に載っていたからと言って、ですから、安易に信用しないようにしよう。

 

在宅ワークをしたり、内職をしたり、チラシ配りをしたり、このような職業、仕事を始める際に、保証金が必要と言うこと自体がおかしいだ。

 

その前にお金を払うようなことは一切ありませんでした。
私も多様な在宅ワークをしたことがありますが、どうして先にお金を払わなければならないのだろうか。

 

お金を稼ぎたいのに、研修費用や、保証金のほかにも、教材費として請求される場合もある。

 

求人募集広告には「研修終了後、又、高級月収!」等と書かれている場合がある。

 

その研修費用がかなり高くてびっくりしたと言うような場合もある。

 

実際に申し込んでみると、お勤めする場合もようですが、在宅ワークや、先にお金を払うような場合は全般的に気をつけたほうが良いだろう。

 

それには次のような会社が上げられます。

 

研修費用を請求してくる会社、保証金を請求してくる会社、教材を買わせようとしてくる会社は気をつけましょう。

 

内職の為の器具を買わせようとする会社、又、又、データ打ち込み用のパソコンを買わせようとする会社等は悪質商法かもしれません。

 

このようなお金が必要と書かれている求人募集広告は最初から相手にしないことをお勧めします。