主婦向けの求人募集広告に注意しようその3

主婦向けの求人募集広告に注意しようその3

契約してから20日が過ぎてしまった場合は、もし、お金は返してもらえないのだろうか?これを過ぎてしまっても、業者が勧誘のとき、事実にないことを言ったり、事実で大切なことを黙っていたりした場合、契約を取り消すことが可能だ。

 

主婦をターゲットとした悪質な求人募集広告は沢山ある。
アクセサリー製作商法のほかにも、資格を取った後、例えば、職業、仕事を紹介すると言って、資格取得にかかる費用を払わせ、職業、仕事を紹介しないと言う悪質な商法もある。

 

教材費や、この場合もやはり求人募集広告等で誘い、研修費を支払わせる形だ。

 

「この研修が終わったら、これらにひっかかってしまう人は、職業、仕事が沢山入って、この費用を取り戻せる!」と信じてしまうのだ。

 

パソコンの文字入力作業がお金になると言う職業、仕事も、又、先にパソコンを購入する手口だ。

 

職業、仕事が紹介出来ないと言って、そのパソコンを買わないと、職業、仕事を始める前にパソコンを購入させるのだ。

 

高いパソコンを買わせた後は、もちろん、何かと理由をつけて職業、仕事は紹介してもらえないだろう。

 

ちょっとでもお金になったら良いとおもい、家計が苦しい主婦のみなさんは、求人募集広告をマメにチェックしている。

 

その求人募集広告自体を疑ってみるおもいも持ったほうが良いだろう。
それは猛烈に良いことだとおもいますが、質問等をすることは良いだろうが、直ぐに業者に電話をかけて、何かを買わせる、お金を支払われることが先にある場合は、何かおかしいとおもわなければなりません。

 

このような商法にひっかかり、家計を助ける何処ろか、家計をマイナスにしないように、主婦のみなさんは十分に気をつけて下さい。