ベンチャーのバックアップ

ベンチャーのバックアップ

ベンチャーは、比較的どのベンチャーも、手早く上場するために奮闘しています。

 

上場すれば、有価証券が売れますし、それによって事業開発のための資本を得ることができます。

 

バイオ系のベンチャーなどは単に、目が飛び出るほどの費用を必要とするので、会社を著しくするためにも、上場を通して費用を得ることを考えます。

 

 

ベンチャーが経営していくには、ありとあらゆるバックアップが必要なのです。

 

 

そういうベンチャーを助けるのが、「財団法人ベンチャーエンタープライズセンター」という団体です。

 

 

財団法人ベンチャーエンタープライズセンターは、経済産業大臣から認可を受けた団体です。

 

とっくに三十年以上の実績のある団体ですが、この団体は主に、ベンチャーの経営者と、支援者をつなぐような役割を果たしています。

 

 

ベンチャーの成功者や、ベンチャーキャピタリストなどが連なり、会議を行いながら、どんどん素晴らしいベンチャーを育てていこうという研究活動を通しています。

 

 

ベンチャーは、この団体のネットワークを使いこなしながら、さらなる成長をはかることができます。

 

 

こういった団体の応援なくして、何やら大きくならないのがベンチャーであるともいえますし、より良い環境で事業を育てていこうと考えると、バックアップが必要不可欠です。

 

「今後の方向性がわからない」という困った時にも、財団法人ベンチャーエンタープライズセンターが、ベンチャーをバックアップしていただける。

 

 

 

気鋭のベンチャー「リプロセル」とは

ベンチャーのバックアップ

 

昨日は、ベンチャーのバックアップについてお話しましたね。

 

 

バックアップが特に必要なベンチャーといえば、バイオ系のベンチャーであることも、覚えていただけたかと思います。

 

 

本当に膨大な費用を必要とするバイオベンチャーですが、そのバイオベンチャーの最先端といえば、最近ニュースでよく訊く「iPS細胞」です。

 

最近色々よく耳にする「iPS細胞」ですが、みなさんは「iPS細胞」がどういったものかご存知ですか?

 

とにかく、iPS細胞とは、「神経細胞」です。

 

 

このiPS細胞があれば、まだまだ釈然と打ち切る、難解な病気の根源を解明することができるようになります。

 

今まで治らなかった病気も、このiPS細胞で直せるかもしれないのです。

 

 

それ以外にも、さまざまな再生医療が実現されるといわれてあり、このiPS細胞を見つけた京大の学者は、ノーベル賞を貰うのではないかとさえ言われています。

 

 

如何にも斬新で、ベンチャーらしいテーマであるこのiPS細胞ですが、iPS細胞をいち早く事業化した企業があります。

 

そのベンチャーが、タイトルにもある「リプロセル」なのです。

 

 

リプロセルは、世界で何とか「神経細胞」を製品化した企業です。

 

 

iPS細胞として、再び効率的な治験を企てることができるように開発するなど、開発されれば全世界の注目を浴びるような事業に着目しているのです。

 

 

この会社の事業が拡大すれば、新薬の実験がスムーズになり、新薬開発の際の動もの実験なども減ります。
それによって、多額な実験費を投資した後に問題が発覚するといった、経済的な打撃も未然に防ぐことができます。

 

 

仮に、この会社の事業が成功すれば、治らなかった病気にも希望が与えられ、思えなかった面白い未来が、社会全体に現れるのです。

 

 

このリプロセルの営むバイオベンチャーは、後に何兆円もの市場規模に拡大するともいわれ、今最も期待の集まるベンチャーとして話題を呼んでいます。

 

 

もしや、後数年で私たちの生活の中にも、このリプロセルの製品が置かれるようになってくるかもしれません。

 

 

 

アネロファーマ・サイエンスというベンチャーについて

ベンチャーのバックアップ

 

バイオ系のベンチャーは、成功すれば億万長者になる可能性がありますが、中には年間で億単位の研究費がかかる企業もありますし、とにかく危険なジャンルです。

 

 

前回も書いた通り、何兆という規模の市場を取り出すジャンルではありますが、結構資金調達が大変ですし、何千万というポケットマネーと顧客からの出資でスタートダッシュを踏み切っても、自分が待ち望むようなリターンを得る会社は極わずかです。

 

 

例えば、日本には、がんの新薬を開発する「アネロファーマ・サイエンス」という創薬系のベンチャーがあります。

 

このアネロファーマ・サイエンスは資本金一億円のバイオ系ベンチャーです。
その資本金も、もともとは現在の十分の一である一千万近くの金額であり、身内からの出資を集めて作ったものであったそうです。

 

 

最初はお金をかき集めて起業したこの会社も、現在では、「株式会社産業革新機構(投資活動を行う機関)」から多額の出資(初回は七億円)を受けながら研究開発できるようになっています。

 

 

バイオ系のベンチャーは、やっぱお金が鳴るので、こういった投資がなければ、焼き上げるものも作れなくなってしまいます。

 

研究室の設備を用意するにもとても資本、治験をするにも一層資本、という、ぴったり資本ありきの業界なのです。

 

 

仮にこの投資が功を成し、アネロファーマ・サイエンスが、がんの創薬に成功すれば、日本国民の寿命も再度延びるかもしれませんし、がんという死因が減少し、日本に健康的な革命がおきるかもしれません。

 

 

バイオ系のベンチャーは確かにお金がかかります。
但しそういった投資が「世のため人のため」になる資本であるということを、今日は一つだけ覚えて帰って下さい。