ベンチャーが失敗する時とは

ベンチャーが失敗する時とは

ベンチャーは、ういういしい開発者が、若い力を発揮している企業です。

 

そんなベンチャーの内部それでは日々、大企業になるための悪戦苦闘が繰り広げられています。

 

 

ベンチャーの経営が、すべての場合においてうまくいく訳ではないということは、みなさんも知っての通りだと思われます。

 

大企業もドタバタと倒産して行く昨今、あの大手証券会社のリーマンブラザーズが約三十二兆円の借金を背負うことになるなんて、誰に想像できたでしょうか?

 

大企業さえ倒産をまぬがれない今日(こんにち)において、ベンチャーも、日々生まれては消え、生まれては消えの状態を繰り返しています。

 

 

一年に何百社生まれたとしても、成功するベンチャーはほんの一部。

 

 

ベンチャーの多くは、大企業になること無く、社会から退いていきます。

 

 

経営の悪化をたどる原因のほとんどは資金繰りにありますが、それは「どんなに倹約して使うか」ではなく、「どんなにタイミングよく、有効に助かるか」というところにポイントがあります。

 

 

例えばベンチャーには、「失敗し易い時」というものが存在します。

 

 

以前も日記の中でお話ししましたが、ベンチャーの多くは「ベンチャーキャピタル(ベンチャーに投資するための会社、団体)」から、資本金を集めて経営していきます。

 

 

但し、その大金に安堵してしまい、「これだけあるなら大丈夫」と、気の緩みから資金繰りに失敗する企業もあるのです。

 

「大きな成果を差し出すためには、設備への大きな投資が必要だ」と企み、技術を発揮するための設備に費用の大半を消失させ、それなのに全然成果が残せず、借金だけが残ってしまうについてもあります。

 

 

ちゃんと、アドベンチャー(冒険)には失敗や怪我がつきものです。

 

挑戦者の代名詞であるベンチャーは、失敗といつも隣り合わせだといえます。

 

新しい分野を開拓するということは、「どうなるかわからない」「照らし差し向けるための過去のデータがない」ということなのですから、自分たちなりの切磋琢磨が必要なのです。

 

 

つまり、企業で「冒険」するにおいては、どんな場合であっても、「絶対にモウマンタイ」という真実味を抱きつくべきではありません。

 

 

「これで成功するだろう」という安易な期待感こそが危ないといえますし、そのように油断している瞬間が最も、ベンチャーが「失敗する時」だと当てはまるのです。

 

 

 

スタートアップ企業とベンチャー

ベンチャーが失敗する時とは

 

前回は、ベンチャーがいかなるまま失敗しがちなのか、ということを説明しました。

 

この日記を最初から読んでくださっている人は、だんだんと、ベンチャーというものがつかめてきたのではないかと思われます。

 

 

このサイト以外の情報も重ねてネットで検索しながら、ベンチャーへの理解を深めている方もいることかと思われます。

 

 

ベンチャーについて調べていると「スタートアップ企業」という言葉が目に張り付くかと思われます。

 

ニュースもちょいちょい耳にする、このスタートアップ企業とはどんなものなのでしょうか。

 

 

まずは今日は、このスタートアップ企業についてお話していきます。

 

 

予め、スタートアップ企業とは、一般的に「創業したての会社」のことを指します。

 

創業したての会社とは、文字通りの説明ですが、中小企業を指しています。

 

 

要するに、起業して五年から十年の小中会社を指すので、ベンチャーと同義語だといえます。

 

 

スタートアップ企業の定義としては「起業したての会社」であり、「ベンチャーキャピタルへの姿勢が元気」であり、「上場に向かう意志が激しい」という三点の定義が挙げられます。

 

 

「若々しくて勢いのある会社」の総称として捉えてもらえればなので大方合ってます。
それがスタートアップ企業というものです。

 

つまり、ベンチャーの多くがスタートアップ企業に該当するといってしまっていいかと思われます。

 

 

利用例としては「A社もののベンチャーは、近年のスタートアップ企業の中それでも最先端にいる存在です」といった形で使われます。

 

スタートアップ企業とは、「駆け出しの会社」のことであり、近年生まれてまも乏しい企業のことを話す時などに選べる用語です。

 

 

簡単に言えば、スタートアップ企業とベンチャーは、同義語であり、類義語であり、ニアリーイコールの関係であるということです。

 

 

 

堀江貴文とベンチャー

ベンチャーが失敗する時とは

 

裁判沙汰で紙面を騒がせている、「ホリエモン」の愛称でおなじみの堀江貴文氏ですが、彼の名前は、経済にいまいち興味のない方もご存知ですよね。

 

 

昔は大企業ライブドアの社長として、芸能人のように各メディアを騒がせてましたが、今では裁判のニュースでしかその顔を見なくなってしまいました。

 

さて、それではこんな堀江貴文氏が古く、宇宙旅行の技術開発のベンチャーに着手したことを覚えていらっしゃいますか?

 

今日は、ベンチャーの種類の一例として、彼の着目した「あるベンチャー」を紹介しようかと思います。

 

当時、堀江貴文氏は、科学という分野に目を垂らし、新しい事業に乗り出しました。
この時、共同事業におよんだのが「アストロリサーチ」という名前の会社です。

 

 

アストロリサーチ(神奈川県藤沢市)は宇宙関連のシステム事業を行うベンチャーでしたが、堀江貴文氏との事業開発(宇宙旅行会社)においての資金繰りが悪化し、東京地裁で自己破産するに到ってます。

 

 

もったいないことに、このアストロリサーチの事業自体は当時業績を伸ばしていたのですが、宇宙旅行会社という壮大な計画を遂行するための資本を定めるという時点で、様々な弊害があったということなのではないかと思われます。

 

 

ベンチャーにも様々なものがありますが、中にはこういったスケールの大きいベンチャーもあるという一つを今回は説明いたしました。

 

検索機能の開発もあれば、ロケットの開発もある。
将来性を考えると、ワクワクして来るのがベンチャーの魅力もあるのです。
但し、ベンチャーにも欠点があります……ではその欠点とはどういったものなのでしょうか?