グーグルを超えるかもしれないベンチャー

グーグルを超えるかもしれないベンチャー

前回の日記もお話しましたが、グーグルの成長には目覚しいものがあり、古くベンチャーだったということが想像できないほど、クッキリとしたすさまじさを以て世界規模のマーケットに君臨しています。

 

 

巨大企業になるかもしれないベンチャー、といっても今ひとつかもしれませんが、日本にもグーグルを超えるかもしれない若きエンジニア達が存在します。

 

 

そういうエンジニア達が立ち上げたベンチャーが、株式会社プリファードインフラストラクチャーです。

 

この株式会社プリファードインフラストラクチャーは、情報検索や機械学習、データ圧縮でベンチャー業務を展開している会社です。

 

 

この会社の在籍者はいずれも、東大の大学院で研究を積んだエリートや、世界規模のプログラムの大会で優秀な成績を修めている人達です。

 

 

またこの会社の技術は、「単語」と、「単語でない文」の境界が曖昧である日本語も、釈然とした検索結果が得られるように、検索機能を強化した「セドュー」という検索プラットフォームを開発しています。

 

 

このセドューは、グーグルの弱点である「フレーズ検索」機能を補い、グングン快適に払えるよう、高速化させています。

 

 

これが、世界に通用するレベルの技術を持つ、ユニバーシティを出た若者たちによるベンチャーであり、今後最も成長が期待出来る企業のひとつなのです。

 

すこし、ベンチャーについての基本的所がわかってきたでしょうか?次回は、あんなベンチャーの資本金の集め方についてを解説します。

 

 

 

ベンチャーの命綱、ベンチャーキャピタルとは

グーグルを超えるかもしれないベンチャー

 

どんな会社それでも、「資金」がなければかしこく経営することはできません。

 

 

植ものの種が水を必要とするように、資本金がなければ会社はいつまで経っても芽が出ないままですし、定期的に水をまくようにしていかなければ、その芽も枯れてしまいます。

 

 

こんな企業のために必要なのが「投資」です。

 

初々しい芽であるベンチャーにとって必要なものはもちろん顧客からの応援ですが、ベンチャーの場合は、ベンチャーのための投資というものが存在します。

 

それが今回の日記の題にもなっている、「ベンチャーキャピタル」なのです。

 

 

ベンチャーキャピタルとは、今後成長の望めるベンチャーに投資する会社・投資集団のことです。

 

ベンチャーキャピタルは、未上場のベンチャーに投資し、それによって上場をはかるといった形で、自分の見込んだ企業を育てていきます。

 

そのため、一般的な投資と比較しても「成長」させるために顧客が経営に介入する面がものすごく、自分自身も内部で動きながら上場を願うといった特徴があります。

 

 

しかし、もしも上場して単にトントン拍子で成長していけばハイリターンにつながりますが、実に上場せず、ディスクロージャー(情報開示)に到ってもすぐに経営が破綻するような塩梅なら、投資する価値もなくなります。

 

 

つまり、ベンチャーに手を出すならば、「この企業は、自分の手で成長させることができる」という自信と経験が必要だということです。

 

若き技術者の集うベンチャーでは、我々に加勢できるベンチャーキャピタルという顧客が非常に重要となるのです。

 

 

 

ベンチャーの経営は失敗し易い

グーグルを超えるかもしれないベンチャー

 

ここまで読んでいただいた方には、ベンチャーが革新的なものであることがお分かり頂けたと思います。

 

若々しい技術者が、新設企業を開発して出向くことは、一見すると大いに健康的なことに思えます。

 

 

ただし、ベンチャーとは、失敗し易い企業でもあります。
それはどうしてでしょうか?

 

とても、ベンチャーで開発、渡したものが顧客に割り切れるかどうかはやってみないとわかりませんし、割り切れる保証はありません。

 

 

計画していた売り上げを広く下回るかもしれませんし、自分の想像の中まずはユーザーを獲得できていても、実際には極めて需要がないという可能性もあります。

 

 

また、市場調査が行き届いておらず、もうすでに大企業が開発に乗り込んでるジャンルに手を出してしまう例もあります。

 

 

つまり、どんなに創業者が初々しいアイディアを携帯していても、それが消費者にとって不必要であれば、失敗するしかないのです。
それにもし、最初は盛り込みられていたとしても、顧客の反応を反映させるまでのペースが遅ければ、どんどん赴き遅れてしまいます。

 

 

ベンチャーの失敗し易い点はこういうところであり、要約すれば「需要のないものに冒険心を発揮しても意味が無い」ということになります。

 

 

ベンチャーで失敗したくないなら、市場での不可欠を十分に指し、その上でフィードバックを繰り返し、その反応を早く反射させながら開発して出向く「瞬発力」が必要となるのです。

関連ページ

ベンチャーとは?