ベンチャーとは?

ベンチャーとは?

昨今では、リーマンブラザーズの倒産や、東日本大地震など、不況にあえぐ就活生に追い討ちをかける出来事が立て続いています。

 

既に大学生の内定率は68.8パーセント。
卒業後の三月時点で就職率は91.1パーセントと、過去最低の数字を記録しています。

 

 

ただし文科省のこのデータの調査対象は、有名校を中心とした、偏りのあるデータであることがわかっています。

 

つまり、現実的な数字はデータを下回るとも上回るともいわれ、結局のところ実際の内定率は、50パーセントを下るのではないかという意見が多くなっています。

 

 

そんな話題も飛び交う中、不安定な時流に臆すること無く、経営の場において冒険心を発揮する若者たちも手広く存在します。

 

こうした冒険心のある企業開発を、世間一般的には「ベンチャー」といいます。

 

 

ベンチャーとは、「依然としてマーケットにないサービスを、冒険心をもって開発しているベンチャー」を指します。
大体の場合、創業して五年から十年の小企業をベンチャーと呼んでいますが、本当はこのベンチャーというものは明確な定義をもたない和製英語です。

 

 

ベンチャー会社は、現代における、どこへ向かっているかわからない政治経済の荒波を、新しい船と初々しい線路で切り開いていくような事業だといえます。

 

 

前述の通り、定義らしい定義もなく、どっかのほほんとした印象が拭えません。

 

 

なので「ベンチャーってなんなんだろう?具体的にどういうものなんだろう?」というみなさんの疑問にお答えして、このサイトでは、ベンチャーについて、くわしく説明していきます。

 

 

 

●テーマ

 

ベンチャーとは?
ベンチャーの主な仕事とは
グーグルはベンチャーの代表的存在?
グーグルを超えるかもしれないベンチャー
ベンチャーの命綱、ベンチャーキャピタルとは
ベンチャーの経営は失敗し易い
ベンチャーが失敗する時とは
スタートアップ企業とベンチャー
堀江貴文とベンチャー
ベンチャーの欠点とは
有難いベンチャーと腹黒いベンチャー
海外のベンチャー
農業系のベンチャーについて
バイオ系のベンチャーとは
大学発のベンチャー
ベンチャーのバックアップ

気鋭のベンチャー「リプロセル」とは
アネロファーマ・サイエンスというベンチャーについて
アメリカのベンチャーとは
ベンチャーブームとは
ベンチャー市場とベンチャー
ベンチャー市場の種類とベンチャー
東証マザーズはベンチャーをどんな風に育て上げるのか
ベンチャーの破たんについて
現在のベンチャーの背景
ナスダックとベンチャーについて
ナスダックジャパンの撤退の裏とベンチャーについて
ベンチャーにはブラックが多いのか
ベンチャーに就職望む人について
ベンチャーの魅力とは

 

 

 

ベンチャーの主な仕事とは

ベンチャーとは?

 

さて、まずは今回は「ベンチャーの主な仕事」についてをお話していきます。

 

 

ベンチャーは、前回お話した通り、その企業がベンチャーだと定めるための明確な定義がありません。

 

しかもそのジャンルはIT、バイオ、農業、医療と幅広く取り扱われています。

 

そのため、業務内容を捉えようとしても、薄々していて捉えどころがありません。

 

 

ベンチャーを至極知らない人からすると、前回の日記を掴む限りでは「ベンチャーというのは、何か新しい事業展開を通している会社」ということ以外わからないのではないかと思われます。

 

 

ベンチャーの主な仕事は、「新しい事業に挑戦して出向く」ことにあります。

 

今やどこかで開発されている事業ではいけませんし、もうすでにある技術を恋い焦がれるのでは、ベンチャーとしての意味がなくなってしまいます。

 

 

つまり、ベンチャーを興すためには、「段取り」が必要なのです。

 

「段取りをするなんて、当たり前のことじゃないの?」と思われるかもしれませんが、これをひとまずしっかり行わなければ、後々困難ことになります。

 

 

段取りなどをおこない、「市場にまだまだ自分のアイディアとかぶるものがない」と判断できれば、ベンチャーを興す価値があります。

 

 

「依然市場にないアイディアであり、新しい技術であり、小回りの利くもの」であると判断できたものであれば、冒険心を発揮する価値があるのです。

 

そうして、その冒険心を発揮している企業こそが、「ベンチャー」だといえます。

 

 

つまり、「目新しい技術」を開発している真新しい企業であればベンチャーだといえますし、それがベンチャーの仕事の内容だと言えるのです。

 

 

ベンチャー仕事の内容は、いまだに市場に弱い、既存のものではない、革新的なものであるべきですし、また、既存のものでない画期的な仕事であっても、大きな企業のものであれば、ベンチャー仕事とはいえません。

 

 

 

グーグルはベンチャーの代表的存在?

ベンチャーとは?

 

みなさんもご存知のとおり、「グーグル」は、世界で何より際立つ検索エンジンとして有名な会社ですね。

 

 

毎日インターネットをする人が、国民の全体の八割を占めてるのではないかと言うほど、今の日本では、インターネットが普及しています。

 

それはひとえに、「グーグルという会社が、日常に浸透している大企業」であることを示しているのではないかと思われます。

 

 

今では大企業であるこんなグーグルも、かつては「ベンチャー(海外でいうところのスモールビジネス)」と呼ばれる存在でした。

 

今の業績から考えると信じられませんが、かつてはグーグルも中小企業だったのです。

 

 

革新的な技術を持ちながらも、いまだに企業としては成長段階にあったそのころのグーグルは、一つの企業ではなく一つの「グループ」といったほうが適しているようなちっちゃな集まりであり、検索するための技術も実に普及してない状態でした。

 

 

但しそういうベンチャーであったグーグルも、驚異的な速度で利用者を拡大させ、今のような大企業になるまで成長したのです。
今ではこれから「ベンチャー」ではありませんが、グーグルはベンチャーの中で最も業績を伸ばした会社であるともいえます。

 

 

このように、今は誰でも知っている技術も、誰にも知られてなかった時代が存在するのです。
業界通にはおなじみの電通も、かつてはベンチャーとして知られていましたし、誰にも知られてなかったころ(ベンチャーだったころ)がきっちりあるのです。

 

 

そのため、ベンチャーの目的は、逆説的言い方をすれば「ベンチャーでなく罹る」ことにあるともいえます。

 

では、今現在の日本には、グーグルものの「大企業になる可能性のあるベンチャー」は存在するのでしょうか?
それについては、また次回の日記でお話します。