基本的ランチェスター法則【戦略と戦術】

基本的ランチェスター法則【戦略と戦術】

ランチェスター経営戦略においてはランチェスター法則が必要となるのですが、その基本法則として戦略と戦術というのが有ります。
このとも軍事用語にはなるのですが、ランチェスター経営戦略においてはこれも法則の1つになります。
「戦略」と言うのは目で見えませんよね。
たとえば地域戦略、流通戦略、商品開発、商品戦略という様なものを指します。
次に戦術と言うのは目に見えるものになります。
たとえばCM、宣伝、キャンペーン、広告というものを指しています。
ランチェスター経営戦略においては戦略と戦術の力配分を2:1としています。
行動だけ起こしたって戦略が無ければ何も貫くでしょうし、いくら立派で際立つ戦略が有ったとしても、行動が伴わなければかなりの無意味、机上だけのものになってしまいます。
また戦術と言うのは広告やCM等、目に見えるものですよね。
その為に他社から競合として真似陥る事も有ると言いますから注意が必要なのですが、戦略は目に見える事は乏しい為、どんなに競合会社が真似したいと言っても真似できない現実が有るのです。
戦略はとても肝になります。
いくら日本が多く強国であるとしたって、借金は数百兆円にもなると言います。
ランチェスター経営戦略は企業単位はもちろんの事ですが、国を挙げて国レベルでも有った方が良いものだと思うのです。
その為にも戦略はしっかりと練っておく必要が有りますし、それを実践する戦術もしっかりと立ち向かう必要が見て取れるのです。

 

 

 

ランチェスター経営の色んな戦略方法

基本的ランチェスター法則【戦略と戦術】

 

ランチェスター経営を通している企業ではランチェスター戦略を取り入れていると思いますが、その実践体系としては地域戦略から流通戦略を経て営業戦略を通じている所が多いと思います。
スーパー等の小売業者等、地域密着型の店舗型サービス業においては「地域戦略」を中心としていますし、各製造会社の開発部門は「市場参入戦略」を中心にランチェスター経営を実践してきたそうです。

 

 

先ずは「地域戦略型」に関してですが、地域で一番のお店になるというナンバーワンを取るという実践体系の事を指しています。
地域を解体して赴き、重点となるエリアを設定してそこから攻略して行くという戦略になります。
この戦略は軍事戦略における理論を応用したもので、地域の奪い合いについての親和性が良いと人気の戦略となっています。
次に「流通戦略」についてですが、ランチェスター戦略を実践して出向く要とも言われている戦略で、マーケット上のシェアを徹底的に調べて分析して目標を達成させる為にどういう戦略を通して出向くかを設定する戦略方法となっています。
次に「営業戦略」についてですが、先程定めた目標に対してどういう風に実践して行くのか、攻撃や顧客の事を格付けしてバランスしていく方法になります。
色んな経営手法が含まれています。
次に「市場参入戦略」についてですが市場地位を見て弱者か強者か分けていますが、市場地位を確立させるには成熟市場で有る事が前提となっています。
市場時期別の戦略方法、顧客ごとの戦略方法等、戦い方を考案して指導していくものになります。