弱者の法則【陽動作戦】

弱者の法則【陽動作戦】

【陽動作戦】
ランチェスター経営戦略において、陽動作戦という法則が有ります。
陽動作戦と言うのは味方の作戦を秘密にして、敵の注意を別の所に注意を反らす事を目的として、本来の目的とは全く違う動きを目立つ様に敵に分かりやすくするという作戦の事を指しています。
つまり敵の判断を惑わせて誤らせる様に招く作戦の事を指しています。
こちらはおとりの様な動きをしたり、敵が予想できない様な事をしたりする事になります。
ここでポイントと言うと、敵に自分達が陽動作戦を通じている事を読まれない事ですね。
戦略はしゃべらない限り相手に極める事は有りませんが、戦術自体は相手にじかにたくらみている訳ですから、見えてしまうので分かってしまう可能性が高くなります。
戦術から戦略がバレてしまう可能性が出てきますので、心がけなくてはならないのです。

 

では陽動作戦を行うといかなる効果を表す事が出来るのでしょうかと言うと、敵の心理を動揺させる効果、敵の兵力を分散させる効果が見て取れると言われています。
そうして販売戦略に関して陽動作戦をしたとします。
それほどすると敵の武器効率を下げさせる効果が有りますし、ここでも敵の兵力を分散させる効果が有ります。
そうしてランチェスター経営戦略においての陽動作戦と言うのは、いやに高度な戦略なりますので失敗する可能性も高いです。
ですから綿密に策定してから実行しなければならないのです。
ただしこれが出来ると強者にもなれると思いますのでぜひ戦略として捉えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

強者の法則【ミート作戦】

弱者の法則【陽動作戦】

 

【ミート作戦】
ランチェスター経営戦略において、ミート作戦という法則が有ります。
ミート作戦と言うのは弱者の戦略で弱者が行っている差別化に対して、強者がそれを真似する等して弱者がせっかく付けた差別化を縮めていくという作戦になります。
このミート作戦で大切な事、それは弱者が差別化を始めたらすっとミート作戦をしなくてはいけないという事なのです。
ミート作戦自体が遅れてしまうと、弱者に追いまくられて自分達が弱者の立場になって仕舞う可能性が高まります。
これを何回か増やす事で弱者が差別化の戦略を考える事に躊躇してしまう様になります。
これが強者の戦略という事なのです。

 

 

ではいかなる様なミート作戦をするのかと言うと、たとえば弱者が製品に対して差別化を図ってきたら、強者はおんなじ質の製品をすっと開発して発売してしまうという作戦、また商品のアイデアを差別化してきたら、強者ならではの情報力を活かしてすっとアイデアも類似させるという作戦、色んなサービスで差別化を図ってきたら、すっと同じ様にサービスをするという様な作戦を図っていきます。
引き続き差別化には何やかや有るので色んなミート方法が在るのですが、これで大切なのは強者ならではの情報力という事になります。
情報力が有るからこそ、すっと差別化をキャッチしてミートする事が出来るのです。
そうして弱者よりも短く先手を打って行動していく事が大切となるのです。
そうした事が強者のランチェスター経営戦略になるのです。

 

 

 

強者の法則【確率戦】

弱者の法則【陽動作戦】

 

【確率戦】
ランチェスター経営戦略において、確率戦という法則が有ります。
これは機関銃の様な兵器の事を確率的兵器と言うのですが、それを使って戦う事を指しています。
これにより兵力数が多い強者が優位な立場になるのです。
この作戦では強者は一騎打ちの様な1対1で立ち向かう戦いを避ける様にして、弱者を数で圧していくという作戦を取ります。
そうする事で顧客側は同じお店が有って迷ってしまったとしても、知名度や実績からリライアビリティも真実味も顧客に与えられますので有利になるというメリットが有りますし、弱者同士も戦わざるをえなくなる為に、弱者が共に消耗してしまうというメリットにもなるのです。
ではランチェスター経営戦略において確率戦としてせり合う場合の実際の戦い方ところが、もしも強者が製造会社で有るならば、1つの製品をフルラインにするべく製品を増やしていきます。
こうする事で全てをこのメーカーで集める事が出来る様になり、弱者が入る隙を与えない様にするのです。
そうして品ぞろえが充実して行くと強者の店舗に行けば何もかもそろうという感じを顧客に送る事が出来るのです。
そうして自社を拠点として店舗同士が競争させていきますし、同じ様にコンサルタント同士も、特約店同士も競争させて出向く様にするのです。
弱者の企業が入ってきたら、ミート作戦プラス数で攻めて戦って出向く様になります。
こういう確率戦は強者しか出来ない事です。
ランチェスター経営戦略として強者として戦って出向くならぜひこの方法も策定して見て下さい。