弱者の法則【一騎打ち】

弱者の法則【一騎打ち】

【一騎打ち】
ランチェスター経営戦略において、一騎打ちという法則が有ります。
文字通り1対1で争う事を指しています。
弱者も強者も一騎打ちで有ればほとんど力に差は無いと思いますので、弱者にも勝つチャンスが増えて来るというものになります。
歴史的観点から見ると近江商人という人がこの一騎打ちの法則としてランチェスター経営戦略を行っていたそうです。
近江商人がお店を生み出すところ気を付けていた事と言うと、「山のふもとに店を現す事」「同業店が何一つなしじゃなくて、1店だけ在る所(これによりその地域でその業種のお店が成り立つ事が証明されますし、1店しか競合がいないなら戦い易い)」という事を定めていたらしいです。
これにより「新規参入する場合は、他社1社だけが独占している分野や地域に対して狙いを定めましょう」「新規開拓の場合は、他社1社だけが独占している顧客層を狙いましょう」「他社と一騎打ちになる様な分野等に重点を置く」という戦い方の事を一騎打ちという様に呼んでいるそうです。

 

たとえばマッサージ店を出店するとします。
そうした場合は半径1キロ以内におんなじマッサージ店が無いかどうか探します。
そうして1店しかない場所を探し出してほど近い場所に出店をする様にするのです。
これにより一騎打ちの状態ができあがります。

 

こんな一騎打ちの法則を打ち出すメリットとしては、差別化しやすいという事、今まで選べなかった顧客がそのお店に不満を携帯していた場合、その顧客を獲得し易くなります。
他社のマンネリ化がある為に、新鮮味を出す事が出来るのです。

 

 

 

弱者の法則【接近戦】

弱者の法則【一騎打ち】

 

【接近戦】
ランチェスター経営戦略において、接近戦という法則が有ります。
これは弱者の戦い方で顧客と接近して競い合うという方法で、これが接近すればするほど強者は力を発揮しづらくなるという事なのです。
ランチェスター経営戦略だけじゃなく会社は顧客に接近している所の方が有利と言われているのです。
どうして接近戦を演じたら良いのかと言うと、方法は4つ在ると言われています。

 

先ずは「直売方式」という方法です。
弱者は大手の様に仲介方式ではなくて直接セールスマンを入れて顧客と対する方が距離は縮まりますよね。
けれども弱者は知名度が無いし会社の信用度も悪い為、簡単に出来る事ではないと言われています。
次は「川下作戦」という方法です。
間接販売で今まで行ってきた弱者の会社が直売をする様になるには色々な折り合いが有って簡単では有りません。
ですから今までの直売も引き続き継続させて訪問活動という意味合いで顧客(川下)を変わる様にするという方法です。
それも地域や対象顧客を絞るのが有効的でしょう。
次は地元をまとめるという方法です。
地元と言うのは営業所等小さい規模での周辺の事を指しています。
弱者は弱者として地域密着型の知名度や口コミを使いこなす様にすれば良いですよね。
最後の接近戦は「スキンシップ」という方法です。
通称弱者自身のファンを作り上げる様に顧客との密接な関係を作り上げていくという方法になります。
これは顧客獲得のチャンスでもありますので、強者にはなんだか出来ない武器となると思います。

 

 

 

弱者の法則【ワンポイント集中主義】

弱者の法則【一騎打ち】

 

【アクセント集中主義】
ランチェスター経営戦略において、アクセント集中主義という法則が有ります。
弱者が争う際にはただでさえ数少ない力を分散させてしまっては、今の現状を打開する事は難しいでしょう。
力が少ないのであればその力を集結させてアクセントに集中して攻撃をかける事が必要になります。
局地戦では何かと細分化しましたが、そこから重点とする物を決めてそこに向けてアクセント集中するという事が必要として、ランチェスター経営戦略は市場規模や、競合状況や将来性等において企てる必要があるのです。

 

一般的な戦略を売る場合は市場規模や成長性と言う所を重視していくと思うのですが、おっきい市場で有れば一向に激戦になってしまい弱者がいくらアクセント集中した所でも勝つ事は難しいと思うのです。
アクセント集中をするという事は、弱者が強者になるという事なのです。
ですからどの分野でナンバーワンに生まれ変われるのか、強者に生まれ変われるのかを見る事が必要になるのです。
そうしてその市場が小さくても構わないので、ナンバーワンを目指していきましょう。
何処も介入していない分野で有れば相対的になり、逆転し易い状態になりナンバーワンになりやすいのです。

 

強者の資格になりやすい所を拠点として地域のアクセント集中主義を通じても良いでしょう。
またキャンペーン等他と差別化して商品に対してアクセント収集主義を取っても良いでしょう。
また顧客層を限定して顧客層のアクセント集中主義を通じても良いでしょう。
こんな弱者によるアクセント集中主義によってランチェスター経営戦略を立てていきましょう。