第一法則の例

第一法則の例

色んな法則がランチェスター経営戦略には有りますが、ここでは第一法則としての例を挙げてみたいと思います。
第一法則と言うのは一対一で張り合う一騎打ちの法則として、弱者の戦略として知られています。
これをランチェスター経営戦略では式によって表現しています。

 

 

Mo-M=E(No-N)

 

という式です。

 

Moと言うのは味方の初期の兵力数の事、Mは味方の残りの兵力数の事、Eは武器の性能や交換比の事、Noは敵方の初期の兵力数の事、Nは敵方の残りの兵力数の事を指しています。
つまり、戦闘力と言うのはE×兵力数という事になります。
もしもおんなじ武器によって張り合うのであれば、初期の兵力数によって強者弱者がなると言います。

 

 

たとえば味方が10人、敵方が6人、武器の性能は同じである場合、「10-M=1(6-0)」という図式が成り立ちMが4、つまり味方の残りの兵力数は4人という事になります。
これで初期の兵力数が多い方が有利である事が分かりますよね。
じゃぁ敵方が勝つ場合には、初期の兵力数を繰り返すか、武器効率、武器の性能を振り上げる必要が見て取れるという事になります。
計算式から見てみると、大体2倍くらい以上の武器効率を褒めちぎる必要が在ると言います。
無論弱者が勝つ為には初期の兵力数を強者の人数以上にする必要が在るという事になります。
これを元にしたのかどうかは定かじゃ有りませんが、ランチェスター法則による昔の人に豊臣秀吉がいます。
秀吉は先方の5〜6倍もの兵力を揃えて戦に勝っていたと言われているのです。

 

 

 

弱者の法則【弱者・弱点優先攻撃、ワンポイント集中主義】

第一法則の例

 

【弱者・弱点優先攻撃】
弱者と言うのはランチェスター経営戦略において市場地位が2位以下の事を指しています。
弱者が2位の場合は足下の敵である3位の企業を、弱者が3位の場合は足下の敵である4位の企業を先ずは攻める事を指しています。
もしもあなたの企業が2位であるなら、競争目標になる企業は頭上の敵と言って1位の企業になります。
そうして攻撃目標になる企業は足下の敵と言って3位の企業になります。
そうしてその3位の企業を攻撃目標にする事によって
差を付ける事が出来ますし、競争目標との差をもっと縮める事が出来る様になります。
真下の企業を攻撃する事で一石二鳥効果を拾う事が出来るのです。
弱者と言うのは強者と真っ向からぶつかったってなかなか勝ち目は無いですよね。
ですから先ずは自分よりもろい所を攻撃して自分達のシェア率をアップさせて体力を付けます。
そうしてシェア率が頭上の敵に近付いてきたら一騎打ちに持ち込むという攻撃になるのです。
また強者と言うのは絶対に強いというものけれども有りません。
弱点だってあれば死角だってある筈です。
ですからその弱点部分を集中的に攻撃する事で強者に勝つ事が出来る様になるのです。

 

 

【アクセント集中主義】
ランチェスター経営戦略においての法則ではアクセント集中主義という法則が有ります。
これは弱者と言うのは強者に比べて、人も、ものも、お金も少ないという認識の元、全体的に力をかけて分散してしまうと無理なので、どっか一つに集中して力を注ぐ必要が有るのです。

 

 

 

弱者の法則【局地戦】

第一法則の例

 

【局地戦】
ランチェスター経営戦略において、局地戦で戦えという法則が有ります。
これは大きい領域で弱者が戦ったって、少ない戦力が分散向かうので勝つ見込みが少なくなってしまいます。
それならば狭い領域で範囲を限定して競い合うべきだという事なのです。
狭苦しい領域では強者の持っている力は充分に発揮出来ません。
その為に弱者にだって勝つ可能性が出てくる様になるのです。
代表例としては歴史上では桶狭間の戦いです。
今川軍3万人に対して織田軍は3千人だったそうで、この局地戦を使う事によって織田軍が勝利したという事だそうです。
日本は地方に行くと地方限定のスーパーとか有りますよね。
そう言う地方等の小さい商圏、地域が局地戦の舞台なのです。
局地戦をしようとすると先ずは地域を決めますよね。
すると市場を分離しなくてはいけません。
山や丘、国道、鉄道、河川等テリトリーや商圏を分離します。
一段と顧客層もそれに合わせて分離します。
そうして定めたら狙った商品や狙った顧客にだけを対象にして競い合う様にするのです。
顧客層をどうして分離するのか等と、規模別、性別、年齢別、業種・チャネル別、所得階層別等が有るので、こうした分離を通して対象を絞っていきます。

そうして商品を分離する場合は、用途や目的別、価格別、大中小という形状別等が有ります。
そういった事を分離して、対象を決める事でランチェスター経営戦略の法則である局地戦が見込めるという事になります。